渋谷駅周辺でおすすめの小型モビリティシェアレンタルサービス3選

公開日:2023/08/10 最終更新日:2023/12/26
モビリティシェア

自動車よりも小さく、最大2人まで乗れる電動小型モビリティが手軽な移動手段として全国的に注目を集めています。なかでも東京は、狭く入り組んだ路地が多いことから人気を博しており、シェアリングサービスの範囲を広げています。今回は渋谷駅周辺で小型モビリティシェアレンタルできるおすすめのサービスを紹介します。

おすすめのシェアサービス一覧!

車体の特徴サービス名
分類
リンク
Shaero

折りたたみ電動バイク
詳しくはこちら
LUUP
電動キックボード
電動アシスト自転車
詳しくはこちら
docomo bike share
電動アシスト付き自転車
詳しくはこちら
HELLO CYCLING
自転車
詳しくはこちら
BIRD
電動キックボード
詳しくはこちら
PIPPA
自転車
詳しくはこちら
COGICOGI
電動アシスト自転車
詳しくはこちら

Shaero(シェアロ)

Shaero(シェアロ)のメイン画像

Shaero(シェアロ)の基本情報

会社名シェアード・モビリティ・ネットワークス株式会社
住所〒105-0002 東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー 24F

国内ではじめての折りたたみ式の電動バイクシェアリングサービスがShaeroです。地下鉄3駅から5駅分に相当する距離を移動するのに最適な移動手段で、自動車のように渋滞を気にすることもなく、電車のように乗り換えする必要もありません。

電動バイクのために、自転車のように自分で漕ぐ必要もなく疲れないため、都市部で大活躍する乗り物です。折りたたみ式でとてもコンパクトなので、将来的にもステーションが増え、ますます便利になることでしょう。

また、電気代10円程度で30km分走行できるうえに騒音や排気ガスもないため、環境にも財布にも優しい乗り物といえます。

安心・安全への取り組みが整っている

衛生管理を徹底しており、ステーションには次亜塩素酸水や使い捨てインナーキャップが常備されており、ヘルメットはクリーニング済みとなっています。万が一のための賠償責任保険や傷害保険にも加入しており、対人・対物無制限のため安心です。シェアする電動バイクの製造元と連携しており、製造元の整備士がバイクのメンテナンスを行ってくれるので安全に乗ることができます。

スマホと原付免許さえあれば利用可能

Shaeroの利用には原付免許を持っているひとでスマホがあればできます。スマホにアプリを入れて、会員登録後アプリから簡単に予約ができて、最寄りのステーションに行ってアプリ上で電源をオンにすれば電動バイクに乗ることが可能です。

shaero-渋谷の画像

LUUP(ループ)

LUUP(ループ)のメイン画像

LUUP(ループ)の基本情報

会社名株式会社Luup
住所〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町三丁目21番地24 AKIHABARA CENTRAL SQUARE 4階

東京、大阪、京都をはじめ、全国の8都道府県で展開しているのがLUUPです。日本の交通の課題解決のために立ち上げた電動マイクロモビリティのシェアリング事業で、専用アプリをダウンロードして、交通ルールのテストに連続で満点合格することで、サービスが利用できます。

電動キックボードと電動アシスト自転車を選べる

シェアできる電動マイクロモビリティとしては電動キックボードと電動アシスト自転車です。渋谷駅周辺の駅前や繁華街をはじめ、住宅街やコンビニなど、最寄りのポートから好きなタイミングで借りることができて、好きな場所に返却できます。

エリア内のポート間であれば自由に乗り捨てが可能で、散策や短距離移動などでも利用できるのが魅力です。基本料金は50円で、1分ごとに15円かかります。たとえば10分間だけ乗る場合は、基本料にプラスして時間料金が150円となるため、費用としては200円です。支払い方法としてはクレジットカードでの支払いとなります。

アプリを起動して4STEPで簡単に利用開始

LUUPは簡単に利用できるのが魅力のひとつで、4つのステップでレンタルできます。まず、アプリを開いて、どこのポートで借りるか場所を探すことからスタートです。

場所が決まったあとは、キックボードや電動アシスト自転車を選び、現場まで行ったらアプリを立ち上げ、車両のQRコードをスキャンします。あとは、目的地を設定したら利用スタートです。返却するポートはライド中にいつでも変更ができます。

luup-渋谷の画像

HELLO CYCLING(ハローサイクリング)

HELLO CYCLING(ハローサイクリング)のメイン画像

HELLO CYCLING(ハローサイクリング)の基本情報

会社名OpenStreet株式会社
住所〒105-0022 東京都港区海岸 1-7-1 東京ポートシティ竹芝オフィスタワー35F

東京を中心に全国で利用できるシェアサイクリングサービスがHELLO CYCLINGです。シェアできる乗り物としては電動アシスト自転車やスポーツタイプの電動アシスト自転車があります。通勤や通学、ショッピング、観光など、いろいろなシーンで活躍するサービスです。

登録から予約までアプリで完結・簡単

HELLO CYCLINGのアプリひとつで登録から予約まで完結しています。アプリの会員登録後、すぐにシェアサイクリングサービスが利用可能で、いつでもどこでも気軽に使えて簡単です。アプリ内で自転車の予約やステーション検索が可能で、自宅からの最寄りのステーションはもちろんのこと、旅行先や通勤先からでも簡単に自転車がシェアできます。

会員登録で作成したアカウントで、複数のシェアサイクリング会社で利用できたり、一度に複数台予約できたりと、いろいろな活用が可能です。さらに、ICカードに登録しておくことで、自転車を予約していなくても、ステーション内の自転車に登録したICカードをタッチするだけでレンタルできるので、まるで自分の自転車のような使い方ができるのがポイントといえるでしょう。

また、HELLO CYCLINGのロゴがあるステーションであれば、どこで借りてもどこで返却しても自由なのもうれしいサービスです。

首都圏では30分130円から利用可能

東京をはじめとする埼玉や千葉など、首都圏での利用は30分で130円から利用できます。延長15分ごとに100円がかかり、12時間までは1,800円からです。

支払い方法としては、各種キャリア決済やクレジットカード、Paypay、Yahoo!ウォレット決済、HELLO CYCLINGが発行する1日乗車専用カードや電子マネーがあります。

hellocycling-渋谷の画像

まとめ

都心部で利用が進んでいる小型モビリティシェアレンタルサービスですが、今回は渋谷駅周辺でおすすめのサービスを厳選して紹介しました。

国内初の折りたたみ式の電動バイクをシェアできるShaero、電動キックボードと電動アシスト自転車がシェアできるLUUP、電動アシスト自転車やスポーツタイプの電動アシスト自転車がシェアできるHELLO CYCLINGの3つのサービスがおすすめです。手軽な移動手段のサービスを、どのサービスもアプリで簡単に登録から利用までできます。

国内初!東京の折りたたみ電動バイク
シェアリングサービスShaero(シェアロ)

Shaero(シェアロ)

都市部では最適な移動手段

電動バイクなので疲れない

気軽に借りて気軽に返せる

エコな移動手段

【その他】小型モビリティレンタル・シェアリングサービス

小型モビリティ関連コラム

東京でおすすめの小型モビリティレンタル・シェアリングサービス比較一覧

イメージ
レンタルサービス名Shaero(シェアロ)LUUP(ループ)docomo bike share(ドコモ・バイクシェア)HELLO CYCLING(ハローサイクリング)BIRD(バード)PIPPA(ピッパ)COGICOGI(コギコギ)
特徴東京エリアをメインに展開されているShaero(シェアロ) 環境や人に優しいのが魅力コスパ抜群な電動アシスト自転車のシェアリングサービスLUUP(ループ)最短5分で登録可能で、手軽で安心に利用できる自転車シェアリングサービス複数のシェアサイクリングサービスをボーダーレスに利用できるシステムアメリカ発、世界各国で事業を展開する電動キックボードのシェアサービス用途や目的に応じて3つのプランから選べるシェアサイクルサービス国内の観光地を中心にサービスを展開するシェアサイクリングサービス
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら