新橋駅周辺でおすすめの小型モビリティシェアレンタルサービス3選

公開日:2023/08/10 最終更新日:2023/12/26
シェアバイク

自動車を利用するほどの距離ではない場合や徒歩や自転車ではやや不便なときは、小型モビリティが便利な移動手段です。とくに、必要なときにだけ利用したい方には、レンタルがおすすめでしょう。今回は新橋駅周辺で提供されている小型モビリティシェアレンタルサービスの中から、厳選した3つを紹介します。

おすすめのシェアサービス一覧!

車体の特徴サービス名
分類
リンク
Shaero

折りたたみ電動バイク
詳しくはこちら
LUUP
電動キックボード
電動アシスト自転車
詳しくはこちら
docomo bike share
電動アシスト付き自転車
詳しくはこちら
HELLO CYCLING
自転車
詳しくはこちら
BIRD
電動キックボード
詳しくはこちら
PIPPA
自転車
詳しくはこちら
COGICOGI
電動アシスト自転車
詳しくはこちら

Shaero(シェアロ)

Shaero(シェアロ)のメイン画像

Shaero(シェアロ)の基本情報

会社名シェアード・モビリティ・ネットワークス株式会社
住所〒105-0002 東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー 24F

Shaeroは、電動バイクのシェアリングサービスです。最高時速30キロの折りたたみ式電動バイクを提供しています。東京都をはじめ、埼玉県、千葉県、神奈川県、そして沖縄県などのエリアにステーションを設置しており、もちろん新橋駅周辺でも利用可能です。電動バイクなので、自転車のように疲れることなく、かつ騒音や排気ガスがないエコな移動手段といえます。

衛生管理やいざというときの保証も万全!

レンタルということで、自分以外の人も利用することから衛生面で不安を感じるかもしれません。Shaeroでは、感染症防止の対策を徹底して行っています。

各ステーションには除菌効果の高い消毒剤「次亜塩素酸水」を設置しており、クリーニング済みのヘルメットや設置されているインナーキャップも衛生管理が万全です。

また、シェアリング車両に対し、対人・対物無制限の保険が付保されているため、搭乗者がケガをした場合はもちろん、第三者にケガを負わせてしまった場合やステーションに起因して第三者にケガをさせた場合、さらにものを壊したときにも補償されます。

予約から返却までスマホで楽々利用可能

Shaeroは面倒な手間が不要で、予約から返却までスマホがあれば簡単に利用することができます。まず、アプリをインストールして会員登録。登録が済めば、利用できるようになるので、利用したい最寄りのステーションを検索し、バイクを予約します。

検索では貸出可能なステーションを探せるので無駄がありません。予約したステーションに到着したら、アプリの画面から利用開始ボタンを押し、バイクを取り出し電源をオンにして出発します。返却予約や返却もアプリで簡単に行えるのです。

shaero-新橋の画像

LUUP(ループ)

LUUP(ループ)のメイン画像

LUUP(ループ)の基本情報

会社名株式会社Luup
住所〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町三丁目21番地24 AKIHABARA CENTRAL SQUARE 4階

LUUPは、東京をはじめ大阪・横浜・京都・神戸などで展開している、電動キックボードと電動アシスト付き自転車のシェアリングサービスです。

街じゅうにはさまざまな場所にポートが設置されており、利用者はシーンに合わせてキックボードか自転車を選ぶことができます。短距離移動や散策にも便利に利用することができるのです。

街じゅうを「駅前」のように便利にすることが目標

LUUPの目標は、街じゅうを駅前のように便利にすることです。住みやすいと感じる居住地は駅からのアクセスがよいことが重要であり、不動産の価値にも駅からの距離が大きく影響します。

しかしながら、誰もが駅近に住めるわけではなく、駅から遠い不便な場所にも多くの人が存在しているのです。LUUPはそのような地域に住む人々が便利に暮らせるよう、既存の交通インフラのすき間を埋め保管する、短中距離移動のインフラを提供しています。

電動キックボードと電動アシスト自転車が利用可能

LUUPでは、現在電動キックボードと電動アシスト自転車の2つのマイクロモビリティを提供しています。電動キックボードは2017年頃から世界的に普及しており、電動なので漕ぐ必要がなく、スーツやスカートを着用していても気軽に利用できるのが特徴です。

また、LUUPで開発された電動アシスト自転車は、市販されているものとは異なり、日本最小クラスの電動アシスト自転車。小さくてもパワフルで、わずかな漕ぎ力でも快適に進むことができます。

アシスト機能が付いているため、誰でも疲れることなく乗ることができるでしょう。

luup-新橋の画像

docomo bike share(ドコモ・バイクシェア)

docomo bike share(ドコモ・バイクシェア)のメイン画像

docomo bike share(ドコモ・バイクシェア)の基本情報

会社名 株式会社ドコモ・バイクシェア
住所〒105-0001 東京都港区虎ノ門三丁目8番8号 NTT虎ノ門ビル6階

docomo bike shareは、モバイル技術と自転車を融合させたシェアサイクルサービスを提供しています。利用できる小型モビリティは電動アシスト付き自転車で、WEBから会員登録すればすぐに借りられるのです。借りた電動アシスト付き自転車は、目的地に近いサイクルポートに返却すればOKで、借りた場所まで戻る必要はありません。

快適に利用するための自転車マナーと安全への取り組み

docomo bike shareでは、電動アシスト付き自転車の再配置とメンテナンスをしっかり行い、快適に利用できるよう努めています。問題が起きている自転車を早期に検知する機能も備えており、安心してサービスを利用できるでしょう。

サイクルポートには安全を保つための台数制限が設けられており、自転車本体やカギ(アタッチメント)なども定期的に開発とアップデートが行われ、利用者の声にも対応して改善されています。

安全啓発コンテンツの配信も行い、自転車マナーやルールについての必須の知識をアプリやホームページで提供していますので、ぜひチェックしてください。

全国のコンビニで自転車1日パスが購入可能

docomo bike shareの自転車1日パスは、観光や街歩きにも便利に使えるもので、全国のコンビニで購入することができます。スマートフォンでSMSを受信できる場合、簡単に利用できるサービスです。発券されたIDとパスワードをもっていればいつでも利用できるため、事前に購入しておくと便利でしょう。

docomo bike shareの自転車利用方法は非常に簡単で、アプリをダウンロードして開き、自転車を予約するか「カギを開ける」メニューからカギを開錠し利用します。返却は自転車の後部についているカギをかけ、返却ボタンを押すだけで返却完了です。

docomo-新橋の画像

まとめ

今回紹介した3つのサービスは、手続きが簡単で気軽に小型モビリティを借りることができます。小型モビリティはちょっとした移動に最適であり、ガソリンや軽油を使用せずに電力を利用するため、環境への影響も心配いりません。エコな乗り物として注目されています。とくに新橋駅周辺での利用を考えている方は、この3つのシェアサービスを積極的に検討してみてください。快適で便利な小型モビリティで移動を楽しむことができるでしょう。

国内初!東京の折りたたみ電動バイク
シェアリングサービスShaero(シェアロ)

Shaero(シェアロ)

都市部では最適な移動手段

電動バイクなので疲れない

気軽に借りて気軽に返せる

エコな移動手段

【その他】小型モビリティレンタル・シェアリングサービス

小型モビリティ関連コラム

東京でおすすめの小型モビリティレンタル・シェアリングサービス比較一覧

イメージ
レンタルサービス名Shaero(シェアロ)LUUP(ループ)docomo bike share(ドコモ・バイクシェア)HELLO CYCLING(ハローサイクリング)BIRD(バード)PIPPA(ピッパ)COGICOGI(コギコギ)
特徴東京エリアをメインに展開されているShaero(シェアロ) 環境や人に優しいのが魅力コスパ抜群な電動アシスト自転車のシェアリングサービスLUUP(ループ)最短5分で登録可能で、手軽で安心に利用できる自転車シェアリングサービス複数のシェアサイクリングサービスをボーダーレスに利用できるシステムアメリカ発、世界各国で事業を展開する電動キックボードのシェアサービス用途や目的に応じて3つのプランから選べるシェアサイクルサービス国内の観光地を中心にサービスを展開するシェアサイクリングサービス
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら