電動バイクは免許がなくても乗れる?乗る際の注意点も解説

公開日:2023/08/10 最終更新日:2023/12/26
免許

便利な乗り物として注目を集めるのが電動バイクです。ガソリンを使用せず電気で動くため、エコな乗り物として話題です。一方であまり知られていないのが電動バイクと免許の関係性です。この記事では、電動バイクに免許は必要なのか、さらに乗る際の注意点も解説します。電動バイクの購入を検討している方はじっくり読んでみてください。

おすすめのシェアサービス一覧!

車体の特徴サービス名
分類
リンク
Shaero

折りたたみ電動バイク
詳しくはこちら
LUUP
電動キックボード
電動アシスト自転車
詳しくはこちら
docomo bike share
電動アシスト付き自転車
詳しくはこちら
HELLO CYCLING
自転車
詳しくはこちら
BIRD
電動キックボード
詳しくはこちら
PIPPA
自転車
詳しくはこちら
COGICOGI
電動アシスト自転車
詳しくはこちら

電動バイクに乗るなら免許が必要

電動バイクで公道を走る場合は、免許が必要不可欠です。電動バイクはスピードが比較的遅いものもあり、免許はいらないと誤って認識している方が少なくありません。しかし、バイクであることは確かであり、ガソリンバイクと同様に免許が必須なので、まだ取得していない方は取得を検討しましょう。

ただ、2輪の免許は排気量の大きさで区分けされていますが、電動バイクには排気量がありません。そこで重要になるのが定格出力、つまりはワットです。

電動バイクの種類とは?

電動バイクと一言で言っても、その種類は多くあります。最も一般的なのは、電動スクーターでしょう。一般的なスクーターの電動バージョンであり、一般的に全方に踏み台がありタイヤの直径が22センチ以下とされています。ペダル付き電動バイクもあります。

ペダル付き電動バイクは、その名のとおりにペダルがついている電動バイクであり、電動モーターを動かさずにペダルを漕ぐと自転車のように利用できます。ペダル付き電動バイクは自転車と同じような扱いを受けると思う方もいるかも知れませんが、基本的に原付バイクと同じ扱いになり、運転時にはヘルメットの装着が求められます。

当然、運転免許証も必須とされており、ナンバープレートの装着も義務化されています。電動キックボードも電動バイクの一種とされています。電動キックボードは、バッテリーを充電し、電力で走行するキックボードです。

自転車と比較してもスペースを取らないため、人気が高まっていますが、法律では原付バイクと同じ扱いです。ナンバープレートの装着も必要で、ヘルメットを被らなければならず、運転免許証も必須です。

電動バイクに分類されないもの

電動アシスト自転車も電動バイクとされていません。電動アシスト自転車はペダルを踏むときに電動モーターがアシストしてくれますが、そもそも高出力ではなく、基本的に低速であり、バイクのようにスピードが出るわけではありません。免許も不要とされており、保険の加入義務もなしです。

ナンバープレートの取得方法

電動バイクはナンバープレートが必須です。その取得は市区町村役場で簡単にできます。

ただ、ナンバープレートの取得時には、軽自動車税申告(報告)書兼標識交付申請書、販売証明書(購入店から貰える)、所有者及び使用者の印鑑(認印OK)、本人確認書類(免許証など)、譲渡証明書(人から譲り受けた場合にのみ必要)の書類が必要なので、事前に準備しておきましょう。

ちなみに、ナンバープレイーとの取得費用はかかりません。

電動バイクはモーターの定格出力によって免許の種類が変わる

電動バイクで出力が、0.6キロワットから1.0キロワットまでであれば、原付二種の免許で対応できます。20キロワット未満であれば普通自動二輪の免許が必要であり、20キロワット以上だと、大型自動二輪の免許が求められます。

ちなみに原付きクラスの電動バイクであれば、一般的なガソリンの原付きと同様に自動車の免許でも運転が可能です。ここで一点注意してほしいのが、変更点です。以前は普通自動二輪の免許で20キロワット以上の電動バイクの運転も可能でした。

しかし、現在では大型免許が必須とされているので、古い情報を鵜呑みにすると、20キロワット以上の電動バイクに乗れません。

電動バイクに乗る際に気をつけたい注意点

電動バイクは比較的気軽に利用できる反面、法律上バイクとして取り扱われます。前述したように、各種対応した免許が必要不可欠であり、自賠責保険への加入も求められます。自賠責保険の加入については、ナンバープレートを受け取ったらすぐにおこないましょう。

自賠責保険の加入はそれほど難しいものではなく、保険会社やバイクの販売店に行く必要はありません。インターネットから加入できるものや、コンビニで加入できるものもあります。ただ、インターネットで加入する場合はステッカーの送付に1週間程度かかります。

すぐに乗りたい場合は、コンビニで加入できるものを選ぶのがおすすめです。電動バイクを購入する際に気になっている方が多いのが車検です。電動バイクの車検は、対象のバイクのサイズによります。

長さが2.5メートル、幅が1.3メートル、高さが2メートル以下であれば車検は不要です。しかし、それらのサイズを超えてくると車検が必要になるので、購入時に判断基準にしてください。

ちなみに、車検が必要なほど大きなサイズのバイクは限られています。基本的に車検が不要なサイズのものばかりなので、車検についてはそれほど心配する必要はないでしょう。

まとめ

電動バイクを乗るためには、免許が必要です。電動バイクの出力によって対応する免許が異なるので、購入したいバイクに合わせて免許の取得を検討しましょう。ちなみに、0.6キロワットから1.0キロワットまでであれば原付二種の免許で対応でき、普通自動車免許でもOKです。電動バイクに乗る際に気をつけたい注意点も紹介したので、そちらも参考にしてみてください。

国内初!東京の折りたたみ電動バイク
シェアリングサービスShaero(シェアロ)

Shaero(シェアロ)

都市部では最適な移動手段

電動バイクなので疲れない

気軽に借りて気軽に返せる

エコな移動手段

【その他】小型モビリティレンタル・シェアリングサービス

小型モビリティ関連コラム

東京でおすすめの小型モビリティレンタル・シェアリングサービス比較一覧

イメージ
レンタルサービス名Shaero(シェアロ)LUUP(ループ)docomo bike share(ドコモ・バイクシェア)HELLO CYCLING(ハローサイクリング)BIRD(バード)PIPPA(ピッパ)COGICOGI(コギコギ)
特徴東京エリアをメインに展開されているShaero(シェアロ) 環境や人に優しいのが魅力コスパ抜群な電動アシスト自転車のシェアリングサービスLUUP(ループ)最短5分で登録可能で、手軽で安心に利用できる自転車シェアリングサービス複数のシェアサイクリングサービスをボーダーレスに利用できるシステムアメリカ発、世界各国で事業を展開する電動キックボードのシェアサービス用途や目的に応じて3つのプランから選べるシェアサイクルサービス国内の観光地を中心にサービスを展開するシェアサイクリングサービス
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら