電動バイクとは?便利な特徴と多彩な活用方法をご紹介

公開日:2023/09/15 最終更新日:2023/12/26

普段生活する上でどんな移動手段を使っていますか?電車やバスなどの公共機関の方、車やバイクなどを所持している方もいるでしょう。住んでいる地域や道路の広さ、道路の混雑状況などで適切な交通機関を使えばストレスなく移動できます。今回はバイクの中でも電動バイクについてご紹介します。どんな特徴や活用方法があるのでしょうか?

おすすめのシェアサービス一覧!

車体の特徴サービス名
分類
リンク
Shaero

折りたたみ電動バイク
詳しくはこちら
LUUP
電動キックボード
電動アシスト自転車
詳しくはこちら
docomo bike share
電動アシスト付き自転車
詳しくはこちら
HELLO CYCLING
自転車
詳しくはこちら
BIRD
電動キックボード
詳しくはこちら
PIPPA
自転車
詳しくはこちら
COGICOGI
電動アシスト自転車
詳しくはこちら

電動バイクとは?

バイクというと車と同じようにガソリンで動くイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。電動バイクとはどういった仕組みで動くものなのか解説します。

電動バイクって何?

電動バイクは名前の通り、電力を使います。電動バイクは電力を使ってモーターを回転させます。一般的なガソリンを使って動くバイクはエンジンがありますが、電動バイクにはエンジンがありません。バッテリーを充電して電力で走るバイクになっています。

免許は必要?

電動バイクに乗るには運転免許が必要です。ガソリン式のバイクは排気量で区分が分けられ、区分によって運転できる運転免許が決まっていました。電動バイクの場合は、出力される電力によって区分されます。小型、中型、大型に分けられ、免許もそれに対応した免許が必要になります。

電動バイクの種類

電動バイクはどういった種類のものがあるのか解説します。それぞれ特徴があるので自分に合ったものはどれなのかチェックしてみてください。

スクータータイプ

電動バイクはスクータータイプの製品が多いので、はじめて電動バイクを購入する方はスクータータイプの製品が選びやすいでしょう。街中をちょっと走らせるのに向いています。

近所の道が狭く車を出すのが面倒、車の駐車場代が高いのでスクーターを利用したいなどといった方に向いています。ガソリンバイクと違い排気音が出ず静かなので、住宅街でも使いやすいでしょう。

ペダルつきタイプ

ペダルつき電動バイクは自転車と電動バイクの中間のような乗り物です。ペダルつきの自転車に電動のモーターがついています。ペダルをこぐことで自転車のように乗れ、モーターを回せば電動バイクとして走らせることができる乗り物です。

見た目だけ見ると自転車のように見えますが、法律では原付バイクと同じ扱いになっているので注意してください。そのため自転車として乗る場合もヘルメットや運転免許の携帯は必須になります。

キックボードタイプ

近年話題になっているのがキックボードタイプ。電動モーターがついているキックボードでコンパクトなところが魅力。公道の走行もできますが、ヘルメットと免許は必須となっています。

折り畳みタイプ

折り畳み式の電動バイクは持ち運びができる点が魅力的です。折りたたむことで車に収納できるので、旅行先で車では狭い道などを走るのに折り畳みタイプの電動バイクを持っていくと機動力が上がり、車だけではできない楽しみ方ができるでしょう。

電動バイクのメリット・デメリット

電動バイクにはガソリンバイクとは異なるメリットやデメリットがあります。メリットやデメリットを確認した上で自分のライフスタイルに合った製品を選びましょう。

メリット:音が静か

バイクに乗りたいけれど音がうるさくて近所迷惑が心配…という方は電動バイクの購入を検討してみてはいかがでしょうか。エンジンやマフラーがついていないため音が静かなのが電動バイクのメリットです。またエンジンがないので振動も少なく、乗る側も振動を感じにくく乗り心地がよいというメリットもあります。

メリット:ガソリンの給油が不要

電動バイクはバッテリーを充電して乗ります。バッテリーが本体から取り外せる製品だと、家のコンセントで気軽に充電できます。いちいちガソリンスタンドに行って給油が面倒だという方には電動バイクがおすすめです。

メリット:燃料代が安くすむ

ガソリンバイクより電動バイクの方が燃料代は安くすみます。ガソリン代が気になる方、長距離は運転しない方などは燃料代が安くすむ電動バイクの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

デメリット:長距離は走れない

電動バイクはバッテリーを100%まで充電した場合でも40kmくらいが最大走行距離の限界となっています。そのため長距離を走る必要がある、ツーリングを楽しみたいという方には電動バイクは向いていません。

デメリット:バッテリーを充電するのに時間が必要

電動バイクのバッテリーは100%まで充電するのに3時間程度かかります。そのため夜に充電し忘れてしまうと朝に乗れないという事態が発生する可能性があります。

定期的にバッテリーを充電するようにしておけば問題ありませんが、忘れっぽい人には充電し忘れがストレスに感じるかもしれません。費用は掛かりますが、予備のバッテリーを購入するという手もあります。

まとめ

電動バイクは燃料コストが低く街中をちょっと走ったり車だと狭い道を走ったりするのに便利です。ガソリンバイクの欠点である音がうるさいという点が解消されるので、深夜に住宅街に帰宅するときも周囲の迷惑にならないというメリットもあります。長距離は走れない、バッテリーを充電する必要がある点がデメリットですが、ライフスタイルに合えば気軽に乗れるため交通手段として役立つでしょう。電動バイクにはいくつか種類があるため、自分に合っているのはどのタイプなのかチェックしてみてはいかがでしょうか。

国内初!東京の折りたたみ電動バイク
シェアリングサービスShaero(シェアロ)

Shaero(シェアロ)

都市部では最適な移動手段

電動バイクなので疲れない

気軽に借りて気軽に返せる

エコな移動手段

【その他】小型モビリティレンタル・シェアリングサービス

小型モビリティ関連コラム

東京でおすすめの小型モビリティレンタル・シェアリングサービス比較一覧

イメージ
レンタルサービス名Shaero(シェアロ)LUUP(ループ)docomo bike share(ドコモ・バイクシェア)HELLO CYCLING(ハローサイクリング)BIRD(バード)PIPPA(ピッパ)COGICOGI(コギコギ)
特徴東京エリアをメインに展開されているShaero(シェアロ) 環境や人に優しいのが魅力コスパ抜群な電動アシスト自転車のシェアリングサービスLUUP(ループ)最短5分で登録可能で、手軽で安心に利用できる自転車シェアリングサービス複数のシェアサイクリングサービスをボーダーレスに利用できるシステムアメリカ発、世界各国で事業を展開する電動キックボードのシェアサービス用途や目的に応じて3つのプランから選べるシェアサイクルサービス国内の観光地を中心にサービスを展開するシェアサイクリングサービス
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら