収納に困らない折りたたみ電動バイクとは?その特徴と魅力を解説!

公開日:2023/08/10 最終更新日:2023/12/26
折りたたみ電動バイク

近年、環境に配慮した電動バイクが注目されています。ガソリン不要のため、将来に期待出来るアイテムです。そのなかで、東京はマイクロモビリティレンタルが普及しています。電動バイクを気軽に借りられるサービスで、折りたたみ式は人気です。ここでは、折りたたみ電動バイクの魅力を解説します。レンタルや購入を検討している方に必見です。

おすすめのシェアサービス一覧!

車体の特徴サービス名
分類
リンク
Shaero

折りたたみ電動バイク
詳しくはこちら
LUUP
電動キックボード
電動アシスト自転車
詳しくはこちら
docomo bike share
電動アシスト付き自転車
詳しくはこちら
HELLO CYCLING
自転車
詳しくはこちら
BIRD
電動キックボード
詳しくはこちら
PIPPA
自転車
詳しくはこちら
COGICOGI
電動アシスト自転車
詳しくはこちら

折りたためる電動バイクもある

あらゆるもののコンパクト化が進んでいますが、電動バイクも折りたためるものが存在します。必要なときにだけ、自分好みに使用出来ることが魅力です。とくに、遠方への移動を兼ねて使用したいときにも向いています。そこで、車両持ち込みの注意点を解説しましょう。

電車への持ち込み

電動バイクは電車への持ち込みが許可されています。しかし、条件として高さや幅を250センチ、重さは30キロ以下に抑えることが必要です。また、汚れや事故を防ぐために、必ず持ち運びカバーに入れましょう。

折りたたみ電動バイクは小さいので、大概のモデルが条件を満たします。しかし、念のためカバーに入れた状態の、サイズ感や重さを確認しておきましょう。

折りたたみ電動バイクの魅力

おしゃれ感ある折りたたみバイクですが、さまざまなメリットがあります。生活に取りいれることで通勤や買い物など、ちょっとした移動が便利になるでしょう。ここでは具体的な魅力を紹介します。

保管しやすい

通常のバイクを購入した場合、駐車場が必要になり維持費用がかかります。しかし、コンパクトにたためることで、室内や倉庫などに保管が可能です。折りたたんだ状態の高さが60センチ以下のモデルもあるので、玄関に置きっぱなしにしても邪魔になりません。

東京の場合、駐車場料金が高くなるので保管のしやすさは大きなメリットです。また、狭い物件に住んでいるかたも気軽に使用出来ます。

持ち運びが出来る

折りたたむことで、荷物として運ぶことが出来ます。車や電車にも積めるので、旅先で乗ることも楽しさの1つです。折りたためるものとして自転車もありますが、体力消耗なく走れるので、より現地を満喫出来るでしょう。好きな場所で走行出来るので、リフレッシュに最適です。

コスパがよい

電動バイクは、バッテリーを充電することで走行が出来ます。4~5時間程度で充電がフルになり、40キロ程度の走行が可能です。また、ガソリンが不要なので、スタンドを探す手間がかかりません。

さらに、通常のバイクであれば40キロ走行する際、ガソリン代は150円前後かかります。しかし、電動バイクは電力26円程度で済むのでお得です。環境に優しいうえに、コストがかかりにくいので生活に取りいれやすいでしょう。

音が静かで乗りやすい

エンジンやマフラーがついていないため、とても静かに走行します。近所迷惑を避けられるので、静かな住宅街や夜の使用も安心です。また、振動が少ないので、乗り心地に不快感がありません。集中して運転出来るので安全性も高まります。

折りたたみ電動バイクでも守るべきルールは同じ

電動バイクは電気で走行するとはいえ、公道の走行も可能です。そこで、交通ルールやマナーなどの理解をしっかりしましょう。ここでは、具体的な電動バイクのルールを解説しています。

保安基準を満たしている車両

公道で走行するためには、保安基準を満たしている必要があります。そこで、車両を安全に動かすための装置はすべて揃えましょう。基準を1つでも満たしていない場合、公道使用が出来ません。

もし、不備があった場合は、懲役や罰金の対象となるので注意しましょう。個人で整備するのは手間なので、保安基準を満たしているものを購入すると使用までスムーズです。

ナンバープレートと自賠責保険

電動バイクにもナンバープレートが必要です。また、対人事故を補償する自賠責保険の加入も必ず済ませましょう。

ナンバープレートは、各役所で無料発行が可能です。また、自賠責保険は、コンビニのコピー機で手続きが出来るので簡単に加入出来ます。公道走行前に、必ず準備しましょう。

運転免許携帯・ヘルメット着用

通常のバイク同様に、無免許やノンヘルメットは交通違反になります。懲役や反則金の対象になるので気をつけましょう。事故が起きた際、非常に危険なのでヘルメットは必須です。

走行ルール

電動バイクは基本的に車道のみしか走行出来ません。しかし、キックボード型であれば、車道は時速20キロ以下、歩道は時速6キロ以下の走行が可能です。また、キックボード型は16歳以上であれば誰でも乗れ、免許やヘルメットが不要になります。

モデルによって走行可能な場所や速度制限、免許・ヘルメットの有無が変わるので注意が必要です。購入の際は、モデルごとの走行ルールを必ず理解しましょう。また、いずれも飲酒運転は禁止されています。安全確保のために油断してはいけません。

まとめ

気軽に乗れることが大きな魅力である電動バイク。人口が多い東京では、利用者が増えることで環境問題と向きあうことが出来るでしょう。まずはマイクロモビリティレンタルで、マイペースに使用することがおすすめです。

そして、魅力を充分に体験出来たら、お気に入りのモデルを探してみましょう。さまざまな機能性に長けたものが開発されているので、生活に取りいれる価値があります。車の所持にお金がかかる東京では、とても便利に使用出来るでしょう。将来のために、おすすめの乗り物です。

国内初!東京の折りたたみ電動バイク
シェアリングサービスShaero(シェアロ)

Shaero(シェアロ)

都市部では最適な移動手段

電動バイクなので疲れない

気軽に借りて気軽に返せる

エコな移動手段

【その他】小型モビリティレンタル・シェアリングサービス

小型モビリティ関連コラム

東京でおすすめの小型モビリティレンタル・シェアリングサービス比較一覧

イメージ
レンタルサービス名Shaero(シェアロ)LUUP(ループ)docomo bike share(ドコモ・バイクシェア)HELLO CYCLING(ハローサイクリング)BIRD(バード)PIPPA(ピッパ)COGICOGI(コギコギ)
特徴東京エリアをメインに展開されているShaero(シェアロ) 環境や人に優しいのが魅力コスパ抜群な電動アシスト自転車のシェアリングサービスLUUP(ループ)最短5分で登録可能で、手軽で安心に利用できる自転車シェアリングサービス複数のシェアサイクリングサービスをボーダーレスに利用できるシステムアメリカ発、世界各国で事業を展開する電動キックボードのシェアサービス用途や目的に応じて3つのプランから選べるシェアサイクルサービス国内の観光地を中心にサービスを展開するシェアサイクリングサービス
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら