電動キックボードの法改正が7月に実施!免許不要に

公開日:2023/08/10 最終更新日:2023/12/26
電動キックボード

仕事先や学校など、もうひとつの移動手段として取り入れている方も多い電動キックボードの法改正がおこなわれました。今までは、免許が必要でしたが、これからは免許がなくても乗れるようになりました。本記事では、電動キックボードの法改正が7月におこなわれ、免許不要になった背景などを解説しますのでぜひ、参考にしてください。

おすすめのシェアサービス一覧!

車体の特徴サービス名
分類
リンク
Shaero

折りたたみ電動バイク
詳しくはこちら
LUUP
電動キックボード
電動アシスト自転車
詳しくはこちら
docomo bike share
電動アシスト付き自転車
詳しくはこちら
HELLO CYCLING
自転車
詳しくはこちら
BIRD
電動キックボード
詳しくはこちら
PIPPA
自転車
詳しくはこちら
COGICOGI
電動アシスト自転車
詳しくはこちら

2023年7月から、特定小型原付というカテゴリが追加

今まで、電動キックボードは原付バイクと同じ区分に入る原動機付き自転車に区分されていました。しかし、2023年7月からは特定小型原付という新たな区分に分類されるようになりました。

特定小型原付という区分はどういった区分になるのか解説しますのでぜひ、参考にしてください。

特定小型原付の主な条件

特定小型原付の主な条件は、電動であること、最高速度20km/h以下に制限されていること、長さ190cm×幅60cm以内であること、特定小型原付に必要な保安部品が装着されていることです。

おおまかにいうと、これらの条件を満たしていれば、特定小型原付の条件となり免許がなくても電動キックボードが乗れるようになりました。

今までの原付との違い

今までは、原付の免許がなければ電動キックボードを乗ることができませんでしたが、これからは特定小型原付の条件さえ満たしていれば、どこでもキックボードが乗れます。原付と特定小型原付の違いは以下の通りです。

<改正前>                  <改正後>

・免許~原付の免許が必須           ・免許~不要

・ヘルメット~必須              ・ヘルメット~任意(着用は推奨)

・走行場所~車道のみ             ・走行場所~車道、自転車レーン、条件付きで歩道

・速度制限~時速30km              ・速度制限~時速20km

・年齢制限~免許に準ずる            ・年齢制限~16歳以上

特定小型原付に免許は不要

今までは、原付であったため免許が必要でしたが、特定小型原付には免許が不要です。免許が不要であるため、免許を返納した高齢者や学生の移動手段としてキックボードが活用されることが期待されています。キックボードは免許が不要であるため、手軽に移動手段として活用できるようになるでしょう。

電動キックボードを公道で走る条件

電動キックボードを行動で走れるようになるのはいつか、どのような条件を満たさなければならないのか疑問に感じている方もいるでしょう。電動キックボードを行動で走る条件について解説しますのでぜひ、参考にしてください。

2023年7月より乗れるように

当初、道路交通法では、2022年4月の改正案から2年内をめどに施工予定となっていましたが、大きく前倒しされました。2023年7月より施工され、電動キックボードが免許なしでも乗れるようになりました。

電動キックボードは免許不要でも安全か

電動キックボードの事故は、たびたびニュースで流れており安全性に疑問を持つ方もいるでしょう。しかし、新しい乗り物を安全に利用する取り組みには時間が掛かり、電動キックボードが免許不要で乗れるために多くの時間を要しました。

これらの理由から、電動キックボードも特定小型原付の条件を満たす車両とするため、製造する時間が掛かかりました。また、特定小型原付に合わせた標識の設置など、さまざまな準備を経て免許不要でも安全に乗れる取り組みがおこなわれています。

基準を満たした電動キックボードを乗るには

小型特定原付は、国による型式認定を受ける必要があります。そのほかにも、性能等認定確認済であることがわかるよう、ラベルなどの表示が付けられます。また、国交省では認定に合格した電動キックボードを随時掲載しているため、購入する場合は認定を受けているか確認してから購入すると良いでしょう。

電動キックボードで違反となる行為とは

電動キックボードは、免許不要であっても違反となる行為をすると、罰金が科せられます。これは、車やバイクと同じで免許がないからと好きなように運転できるわけではありません。電動キックボードで違反となる行為について解説しますのでぜひ、参考にしてください。

一時停止無視・携帯電話操作

走行中の一時停止無視や携帯電話操作は、5000円~6000円の罰金が科せられます。また、違反を繰り返していると違反者講習3時間と6000円の手数料を支払わなければなりません。

飲酒運転

電動キックボードであっても、飲酒運転をすることは禁止されています。もし、飲酒運転をしたら免許停止や3年以下の懲役・50万円の罰金が科せられる可能性があります。

過去には、電動キックボードで飲酒運転をして事故につながった事例もあるため、お酒を飲んだら電動キックボードの運転はしないようにしましょう。

もしものことを考えて自賠責をおすすめ

電動キックボードによる事故は、過去にも何件か発生しており中には脂肪事故へつながったケースもあります。電動キックボードに乗るハードルは下がったものの、車と同じように危険が伴うことを知っておく必要があるでしょう。

自転車保険に加入する方も増えており、もしものことを考えて自賠責保険へ加入しておくと安心です。

まとめ

本記事では、電動キックボードの法改正が7月に実施され、免許不要になった背景について紹介しました。電動キックボードに乗るハードルは低くなり、安全性が高い製品も多く販売されるようになりました。

しかし、実際に電動キックボードによる事故は多く、常に危険が伴うことを知っておく必要があります。本記事が、電動キックボードに乗るか検討されている方の参考になれば幸いです。

国内初!東京の折りたたみ電動バイク
シェアリングサービスShaero(シェアロ)

Shaero(シェアロ)

都市部では最適な移動手段

電動バイクなので疲れない

気軽に借りて気軽に返せる

エコな移動手段

【その他】小型モビリティレンタル・シェアリングサービス

小型モビリティ関連コラム

東京でおすすめの小型モビリティレンタル・シェアリングサービス比較一覧

イメージ
レンタルサービス名Shaero(シェアロ)LUUP(ループ)docomo bike share(ドコモ・バイクシェア)HELLO CYCLING(ハローサイクリング)BIRD(バード)PIPPA(ピッパ)COGICOGI(コギコギ)
特徴東京エリアをメインに展開されているShaero(シェアロ) 環境や人に優しいのが魅力コスパ抜群な電動アシスト自転車のシェアリングサービスLUUP(ループ)最短5分で登録可能で、手軽で安心に利用できる自転車シェアリングサービス複数のシェアサイクリングサービスをボーダーレスに利用できるシステムアメリカ発、世界各国で事業を展開する電動キックボードのシェアサービス用途や目的に応じて3つのプランから選べるシェアサイクルサービス国内の観光地を中心にサービスを展開するシェアサイクリングサービス
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら