電動キックボードはナンバープレートの装着が必要?ルールについて解説

公開日:2023/08/10 最終更新日:2023/12/26
ナンバープレート

電動キックボードは2023年7月に法改正がなされ、特定小型原付扱いのキックボードは免許不要、ヘルメット着用は努力義務となりました。ただ、ナンバープレートと自賠責保険への加入は引き続き必須となっています。そこで本記事では電動キックボードのナンバープレート発行の仕方やナンバープレート以外に必要なものなどを解説します。

おすすめのシェアサービス一覧!

車体の特徴サービス名
分類
リンク
Shaero

折りたたみ電動バイク
詳しくはこちら
LUUP
電動キックボード
電動アシスト自転車
詳しくはこちら
docomo bike share
電動アシスト付き自転車
詳しくはこちら
HELLO CYCLING
自転車
詳しくはこちら
BIRD
電動キックボード
詳しくはこちら
PIPPA
自転車
詳しくはこちら
COGICOGI
電動アシスト自転車
詳しくはこちら

電動キックボードにナンバープレートは必須

2023年7月に法改正が行われましたが、電動キックボードのナンバープレート装着は未だに必須事項となっています。

ナンバープレートなしの状態では私道しか走ることができず、公道で使用できません。移動手段として活用したいと考えている方はナンバープレートの発行が義務となります。

電動キックボードにナンバープレート以外で必要なもの

ナンバープレートを発行しても、まだ公道を走ることはできません。ここからはナンバープレート以外で必要なものを解説します。

法改正前と法改正後の違い

まずはここで法改正前と法改正後でなにが変わったのかみておきましょう。

・運転免許:現在ルール(不要):法改正前(必須)

・ヘルメット:現在ルール(努力義務):法改正前(必須)

・自賠責保険:現在ルール(必須):法改正前(必須)

・ナンバープレート:現在ルール(必須):法改正前(必須)

・速度制限:現在ルール(車道20㎞/hと歩道6km/h):法改正前(30㎞/h)

・走行場所:現在ルール(車道・自転車レーン・路側帯・歩道):法改正前(車道のみ)

・年齢制限:現在ルール(16歳以上):法改正前(免許取得時から)

法改正前と法改正後で変わっていないのは、自賠責保険への加入とナンバープレートの装着です。また法改正によって電動キックボードは新たに「特定小型原動機付自転車」という区分に分類されました。どのような電動キックボードが特定小型原動機付自転車に該当するのかも確認しておきましょう。

・前照灯(ヘッドライト)

・警報機(クラクション)

・バッテリーの安全性(PSEマークの基準への適合)

・最高速度表示灯(車道では点灯・歩道では点滅)

・制動装置(ブレーキ)

・方向指示器(ウィンカー)

・尾灯・制動灯

・後部反射器(リフレクター)

・走行安全性(段差を安全に走行できるか)

・スピードリミッター(設定最高速度以上の加速ができないこと)

これらの装備が搭載されている電動キックボードが「特定小型原動機付自転車」に分類されます。そのため速度が20㎞/h以上出たり、最高速度表示灯がついていなかったりする電動キックボードに関しては法改正後のルールが適応されないケースもあるので注意しましょう。

ヘルメット

特定小型原動機付自転車という区分に分類される電動キックボードであれば、ヘルメットの装着は努力義務となっていますが、電動キックボードは車輪が小さく、小さな段差でも転倒の恐れがあるため、できる限りヘルメットは装着したほうが良いでしょう(原付扱いの電動キックボードは法改正後もヘルメット着用・免許携帯が必須です)。

自賠責保険

先ほども確認しましたが、電動キックボードに乗る場合は自賠責保険への加入が必要です。自賠責保険とは対人事故を補償する保険で、自動車やバイクに乗る際も必ず加入する保険と同じものになります。

自賠責保険への加入は専門業者が必要かと思うかもしれませんが、コンビニでも手続きが可能で、コピー機などで手続きを行い、レジで保険料を支払えば問題ありません。保険料を払うと加入した証明にシールが貰えるので、ナンバープレートに張っておきましょう。

電動キックボードのナンバープレート装着に関するルールと法律

「ナンバープレートの取得は書類が多く大変なのでは?」と思う方がいるかもしれませんが、2ステップで簡単に取得できます。

ここではナンバープレートを取得する流れを解説します。ナンバープレートの発行にはお金はかかりませんので、キックボードを購入したらすぐに発行するようにしましょう!

書類の準備

ナンバープレートの手続きをする前に、必要になる書類を用意しておきましょう。必要書類は以下の通りです。

・販売証明書

・本人確認書類

販売証明書は電動キックボードを購入した際に、販売店から貰えます。無くしてしまった場合は販売店に行き、再発行してもらいましょう。あとは、運転免許証やマイナンバーカード、健康保険証などの本人確認書類と、手続きの際に使用する印鑑が必要です。

・役所で手続き

これらの書類が準備できたら、近くの市役所や区役所でナンバープレートの発行手続きをします。車では陸運局に行かなければならないので、キックボードは比較的簡単に発行できるといえるでしょう。役所にて「軽自動車税(種別割)申告(報告)書兼標識交付申請書」という書類に必要事項を記入すれば、ナンバープレートを発行できます。

まとめ

いかがでしたか?本記事では電動キックボードのナンバープレートについて、装着が必須かどうかや、ナンバープレート発行の方法、ナンバープレート以外で必要なものなどについて解説しました。法改正が行われてもナンバープレートの装着は「必須」のままであるため、市役所や区役所などでナンバープレートを発行してもらってから乗るようにしましょう。また自賠責保険への加入も必須なので、こちらも忘れないようにしてくださいね。法を守って安全に電動キックボードを利用しましょう。

国内初!東京の折りたたみ電動バイク
シェアリングサービスShaero(シェアロ)

Shaero(シェアロ)

都市部では最適な移動手段

電動バイクなので疲れない

気軽に借りて気軽に返せる

エコな移動手段

【その他】小型モビリティレンタル・シェアリングサービス

小型モビリティ関連コラム

東京でおすすめの小型モビリティレンタル・シェアリングサービス比較一覧

イメージ
レンタルサービス名Shaero(シェアロ)LUUP(ループ)docomo bike share(ドコモ・バイクシェア)HELLO CYCLING(ハローサイクリング)BIRD(バード)PIPPA(ピッパ)COGICOGI(コギコギ)
特徴東京エリアをメインに展開されているShaero(シェアロ) 環境や人に優しいのが魅力コスパ抜群な電動アシスト自転車のシェアリングサービスLUUP(ループ)最短5分で登録可能で、手軽で安心に利用できる自転車シェアリングサービス複数のシェアサイクリングサービスをボーダーレスに利用できるシステムアメリカ発、世界各国で事業を展開する電動キックボードのシェアサービス用途や目的に応じて3つのプランから選べるシェアサイクルサービス国内の観光地を中心にサービスを展開するシェアサイクリングサービス
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら