電動キックボードは通勤にも使える!!メリットや活用方法を紹介

公開日:2023/08/10 最終更新日:2023/12/26
メリット

新たな通勤方法として注目を集めているのが電動キックボードです。実際に利用している方も増えており、話題になることも少なくありません。一方で電動キックボードについて知らない人が多いことも事実です。そこでこの記事では、電動キックボードを通勤に使うメリットや活用する際のポイントを紹介します。

おすすめのシェアサービス一覧!

車体の特徴サービス名
分類
リンク
Shaero

折りたたみ電動バイク
詳しくはこちら
LUUP
電動キックボード
電動アシスト自転車
詳しくはこちら
docomo bike share
電動アシスト付き自転車
詳しくはこちら
HELLO CYCLING
自転車
詳しくはこちら
BIRD
電動キックボード
詳しくはこちら
PIPPA
自転車
詳しくはこちら
COGICOGI
電動アシスト自転車
詳しくはこちら

電動キックボードを通勤に利用する人が増えている

通勤方法は様々ありますが、多くの方が公共交通機関を利用しています。満員電車や満員バスに悩まされている方も多いでしょう。その点、電動キックボードであれば車のように渋滞に巻き込まれづらく、しかも自転車よりも早く利用できるなどメリットが多数あります。

そういったこともあり、電動キックボードを通勤に利用している方は少なくありません。

電動キックボードを通勤に利用する人が増えている理由

前述したように、渋滞に関係なく移動できる点が挙げられます。それだけではなく、まずはコストに注目です。自動車と比較して燃料費が安く済むため、コストパフォーマンスの面も見逃せません。

そのうえ小スペースで対応できるので、駐車料金も基本的には発生しません。さらに、メンテナンス頻度も少なめなので負担感なく利用できるメリットがあるのです。

電動キックボードの走行距離

電動キックボードはバッテリーに充電して走行するため、充電が切れてしまうと走行できません。したがって、充電したうえでの走行距離がどの程度あるのか、事前に確かめておく必要があります。

電動キックボードによって、フル充電で走行できる距離には違いがありますが、目安とされているのが40キロです。したがって、片道10キロ程度であればとくに問題なく往復できるということになります。

電動キックボードの乗り心地とは?

毎日通勤に利用するとなると、気になるのが乗り心地です。基本的には立った状態で走行するイメージを持っている方が多いと思いますが、商品によってはサドルが付いており、自転車に乗っているような感覚で利用できるものもあります。

また、ガソリンバイクのようにエンジンの振動やマフラーの音もないので、静かで快適です。

電動キックボードの安全性は?

毎日通勤で利用するので、安全性能も気になるところでしょう。車のように車体に体が守られているわけではありませんが、そもそも電動キックボードの法定速度は30キロであり、基本的にはスピードを出せません。

走行中はヘルメットをかぶる必要もあるので、高い危険性があるわけではないのです。ただ、どうしても安全性が気になる方は、重量があるタイプの安定性重視の電動キックボードを選びましょう。

快適な通勤手段!電動キックボードを通勤に利用するメリット

電動キックボードは、コンパクトで軽量なデザインが特徴でありながら、電動モーターの力を借りて、効率的に移動することができます。そこで、この記事では、電動キックボードを通勤に利用する際の魅力的なメリットを詳しくご紹介いたします。

メリット1.ランニングコストが安い

車やバイクの場合、ガソリン代はもちろん各種メンテナンスにかかる費用もかなりのものです。税金などもあり、そのランニングコストに悩まされることでしょう。

一方で電動キックボードは燃費が良いため燃料費が抑えられます。燃料費としてかかるのは電気代だけなので、電気代の安い深夜に充電するなどすれば、さらにコストが抑えられるでしょう。

メリット2.手間がかかりにくい

車やバイクは定期的にメンテナンスが必要ですが、電動キックボードはタイヤの空気圧および受電程度のメンテナンスしかありません。

メリット3.小スペースに駐車できる

電動キックボードは小さいので、車のような大きな駐車場は不要です。玄関先などに駐車している方も少なくありません。ただ、原付きのバイクと同じ扱いであり、路上駐車すると罰則の対象となります。

時短&エコな通勤術!電動キックボードの活用する際のポイント

この記事では、電動キックボードを通勤に活用する際の重要なポイントを解説し、快適で効率的な通勤を実現するためのヒントを提供します。

ブレーキの能力をチェック

電動キックボードは種類によってブレーキ能力が大きく異なります。また、フットブレーキタイプもあればハンドブレーキタイプもあります。おすすめは、初心者にも操作のしやすいハンドブレーキタイプです。

タイヤは3種類あり

電動キックボードのタイヤには、硬いタイヤ・エアタイヤ・サスペンション付きタイヤの3種類あります。おすすめは中に空気の入っているエアタイヤです。オフロードでも乗れるので、砂利道を走行する機会のある方は必ずエアタイヤにしましょう

自賠責保険に加入すること

電動キックボードは、前述したように原付バイクと同じ取り扱いになります。したがって自賠責に入る義務があるのです。加入手続きはコンビニで済ませられるので、必ず加入してください。

折りたたみ機能があるか

できれば折りたたみ機能のある電動キックボードがおすすめです。家での保管にも役立ちますし、電車やバスなどに持ち込むのも楽になります。

まとめ

電動キックボードと通勤について解説しました。近年、電動キックボードで会社に通う方も増えつつあります。ランニングコストが安く済み、メンテナンスなどの手間もかかりにくいとのことで、その人気は高まるばかりです。この記事では、電動キックボードを活用する際のポイントも解説しましたので、そちらも参考にしてもらえたら幸いです。

国内初!東京の折りたたみ電動バイク
シェアリングサービスShaero(シェアロ)

Shaero(シェアロ)

都市部では最適な移動手段

電動バイクなので疲れない

気軽に借りて気軽に返せる

エコな移動手段

【その他】小型モビリティレンタル・シェアリングサービス

小型モビリティ関連コラム

東京でおすすめの小型モビリティレンタル・シェアリングサービス比較一覧

イメージ
レンタルサービス名Shaero(シェアロ)LUUP(ループ)docomo bike share(ドコモ・バイクシェア)HELLO CYCLING(ハローサイクリング)BIRD(バード)PIPPA(ピッパ)COGICOGI(コギコギ)
特徴東京エリアをメインに展開されているShaero(シェアロ) 環境や人に優しいのが魅力コスパ抜群な電動アシスト自転車のシェアリングサービスLUUP(ループ)最短5分で登録可能で、手軽で安心に利用できる自転車シェアリングサービス複数のシェアサイクリングサービスをボーダーレスに利用できるシステムアメリカ発、世界各国で事業を展開する電動キックボードのシェアサービス用途や目的に応じて3つのプランから選べるシェアサイクルサービス国内の観光地を中心にサービスを展開するシェアサイクリングサービス
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら