これから伸びるシェアリングサービスで空き地を有効活用する方法とは?

公開日:2023/10/15 最終更新日:2023/12/26

近年、さまざまなものがシェアリングサービスで利用できるようになっているのを知っていますか?物や時間をシェアすることで無駄を減らす考え方が広まり、それにともないシェアリングサービスも増えています。今回は利用していない空き地をシェアリングサービスで活用するアイディアについて解説します。

おすすめのシェアサービス一覧!

車体の特徴サービス名
分類
リンク
Shaero

折りたたみ電動バイク
詳しくはこちら
LUUP
電動キックボード
電動アシスト自転車
詳しくはこちら
docomo bike share
電動アシスト付き自転車
詳しくはこちら
HELLO CYCLING
自転車
詳しくはこちら
BIRD
電動キックボード
詳しくはこちら
PIPPA
自転車
詳しくはこちら
COGICOGI
電動アシスト自転車
詳しくはこちら

シェアリングサービスで空き地を有効活用!

使っていないけれど売るつもりもないといった空き地はありませんか?将来使うからとりあえず売らないでおいているような土地は、シェアリングサービスで利用できるようになれば収入源になるかもしれません。

シェアリングサービスって何?

シェアリングサービスは個人が持っているものを他人に提供したり共有したりするサービスのことです。シェアリングサービスでさまざまなものをシェアする動きが拡大しています。たとえば持っている物件に住んでいない場合、その物件を民泊として貸し出す。

車を購入するほどではないがたまに利用したい方向けにカーシェアリングするなどがあります。むだをなくし活用方法を増やすことで環境に配慮したり、低コストで必要なサービスを利用できたりするシェアリングサービスはこれからも需要が増えるとして注目されています。

空き地のシェアリングサービスとは?

空き地をシェアリングサービスで活用するにはどんな活用方法があるのでしょうか?

まず代表的なものがカーシェアリングです。所有している空き地や自宅の駐車場をカーシェアリングの場所として提供することで利用料や賃料を得られます。車を置けるスペースが必要なため、カーシェアリングにはある程度のスペースが必要ですが、自転車のシェアの場合は省スペースですむことが多いでしょう

空き地を有効活用するシェアサイクルを成功させる方法

シェアリングサービスで空き地を有効活用したいといっても、周りに経験者がいないとなかなか挑戦しにくいという方もいるでしょう。しかし、シェアサイクルであれば、初心者でもうまくいくことがあります。ここからは、シェアサイクルサービスを成功させるアイディアについて解説します。

シェアサイクルのはじめ方とは

自転車をシェアするシェアサイクルはどうやったらうまく活用できるでしょうか。シェアサイクルは空き地にシェアリングサービス用の駐輪ポートを設置することで収入を得られるようになります。

運営会社により、自転車の稼働率によって収入が変動するタイプ、賃料として毎月一定額が得られるタイプと異なるタイプの運用方法があります。そのため自分に合ったシェアサイクルの運営会社をまず選ぶ必要があるでしょう。

返却しやすい環境をつくる

シェアサイクルを成功させるポイントはまず返却しやすい環境をつくることです。シェアサイクルのメリットは同じ運営会社の駐輪ポートがあれば借りた場所でなくても自転車を返却できるという気軽さにあります。

そのため近隣に駐輪ポートが少なければ返却しにくいので不便を感じるため利用客は増えにくいでしょう。運営元のサービスがどれくらいの規模なのか、近隣に駐輪ポートはあるのかをチェックして駐輪ポートをつくる必要があります

また周囲から見えやすいように駐輪ポートを設置する、駐輪ポート近辺の清掃を行うなど多くの方が利用したいと思えるよう周辺環境を整えましょう。

自分が店舗の運営を行っていて駐輪ポートの設置を考えている場合、近隣の店舗や系列の店舗にも駐輪ポートの設置をお願いするなどのアイディアもあります

自転車を利用する人が増えている

シェアサイクルが狙い目な理由として、近年自転車を利用する人が増えていることが挙げられます。昔からある自転車ですが、なぜ利用者が増えているのかを解説します。

コロナ禍で健康への不安増

近年、新型コロナウイルスの影響で健康志向、運動不足を解消したい、運動してストレスを解消したいといった方が増えています。密になる満員電車を避け、運動しながら通勤、通学ができるといった理由でも自転車利用が増えており、今後も自転車関連のサービスの需要が期待できるでしょう。

趣味やストレス解消にも

密を避け運動できるためサイクリングが趣味になったという方も多いです。また旅先での移動手段としてシェアサイクルを利用する人も増えています。その他、自転車に乗って体を動かすことでストレス解消目的のため自転車に乗っている方もいて、自転車への需要が高まっています。

配達員が活用している

通勤、通学だけでなく、首都圏では自転車での配達員が活躍しています。バイクはガソリンを給油したり止める場所を考えたりする必要がありますが、自転車はその必要がなく、スピーディーに狭いところでも自転車を止め配達ができるというメリットがあります。

まとめ

新型コロナウイルスの影響により、外出自粛やリモートワークが普及し運動不足を感じる方が増えています。また満員電車での通勤をやめ、自転車通学や通勤に切り替える方も。そういった影響から近年は自転車の需要が高まっています。自転車の需要の高まりに合わせ、シェアサイクルサービスを運用してみるのはいかがでしょうか?車より省スペースに設置でき、少しの空き地でもシェアサイクルの駐輪ポートを設置すれば空き地を有効活用できます。駐輪ポートを設置する場合は自転車が稼働するように、同じ会社の駐輪ポートが近隣にあるかチェックする、駅前に駐輪場が少なくシェアサイクルの需要が高そうかなどをチェックして利益が出るか考えてから運用をはじめましょう。

国内初!東京の折りたたみ電動バイク
シェアリングサービスShaero(シェアロ)

Shaero(シェアロ)

都市部では最適な移動手段

電動バイクなので疲れない

気軽に借りて気軽に返せる

エコな移動手段

【その他】小型モビリティレンタル・シェアリングサービス

小型モビリティ関連コラム

東京でおすすめの小型モビリティレンタル・シェアリングサービス比較一覧

イメージ
レンタルサービス名Shaero(シェアロ)LUUP(ループ)docomo bike share(ドコモ・バイクシェア)HELLO CYCLING(ハローサイクリング)BIRD(バード)PIPPA(ピッパ)COGICOGI(コギコギ)
特徴東京エリアをメインに展開されているShaero(シェアロ) 環境や人に優しいのが魅力コスパ抜群な電動アシスト自転車のシェアリングサービスLUUP(ループ)最短5分で登録可能で、手軽で安心に利用できる自転車シェアリングサービス複数のシェアサイクリングサービスをボーダーレスに利用できるシステムアメリカ発、世界各国で事業を展開する電動キックボードのシェアサービス用途や目的に応じて3つのプランから選べるシェアサイクルサービス国内の観光地を中心にサービスを展開するシェアサイクリングサービス
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら