電動バイクのレンタルやサブスクとは?どのような仕組み?

公開日:2023/08/10 最終更新日:2023/12/26
サブスク

近年、環境問題への配慮から電動バイクへの関心が高まっています。そこで、東京都内ではマイクロモビリティレンタルがあり、電動バイクを気軽に使用することが可能です。流行のサブスク方式での貸し出しなので、とても気軽に乗れるでしょう。ここでは、サブスクについて解説をします。メリット・デメリットもあるので利用前に把握しましょう。

おすすめのシェアサービス一覧!

車体の特徴サービス名
分類
リンク
Shaero

折りたたみ電動バイク
詳しくはこちら
LUUP
電動キックボード
電動アシスト自転車
詳しくはこちら
docomo bike share
電動アシスト付き自転車
詳しくはこちら
HELLO CYCLING
自転車
詳しくはこちら
BIRD
電動キックボード
詳しくはこちら
PIPPA
自転車
詳しくはこちら
COGICOGI
電動アシスト自転車
詳しくはこちら

電動バイクのレンタルやサブスクが増えている

あらゆる商品やサービスにレンタルやサブスクがありますが、電動バイクのニーズも増えてきています。

電動バイクは電力で動くため給油が不要で、環境への配慮が可能です。これからの時代に必要とされるアイテムでしょう。ここではレンタルやサブスクの基本的なシステムを解説します。

サブスクリプション

『サブスク』という言葉になじみがありますが、正しくは『サブスクリプション』と呼びます。商品やサービスを定額制か従量制により利用する仕組みです。個人の都合で解約出来るので、欲しい物を欲しいときにだけ選ぶことが出来ます。

新聞や携帯電話、水道・ガス・電気料金などが一般的ですが、近年では音楽や映画、書籍やアニメ、ゲームなど娯楽への使用も普及しました。また家電やアパレル、小型の乗り物であるマイクロモビリティもサービス提供しています。電動バイク自体を買わなくても体験できるので、とても便利なサービスです。

リース・レンタルとの違い

リースとは高額な物品や設備を、年単位で契約することを指します。主に事業を行うときなど、使用することが多い仕組みです。契約を途中で解除出来ないので、サブスクのような気軽さはありません。長期的な予定をたてて、予算を考えて使用することが必要です。

また、類似した仕組みでレンタルがあります。レンタルは短期間の契約で商品の貸し出しを行うことが一般的です。DVDや車などはなじみがあるでしょう。そして、電動バイクのレンタルも存在します。

レンタルとサブスクリプションの仕組みとメリット・デメリット

レンタルとサブスクの使用感は似ていますが、サブスクは新品・レンタルは中古品を扱っている場合が多くなります。また、選べる商品数にも差があり、サブスクは多くのなかから選びたい放題ということが定番です。

レンタルであれば、何点まで可といった制限があります。そして、使用期間も大きな特徴です。サブスクであれば契約中はずっと使用可能ですが、レンタルは使用期間が決められています。ここでは、サブスクのメリット・デメリットを紹介します。

メリット・費用が安い

安い料金で、使いたい放題であることが特徴です。音楽や動画などに普及していますが、DVDやCDを購入するよりはるかに安く作品を楽しめます。なかには初月無料などのキャンペーンもあるので気軽に試しやすいことが魅力です。好みに合わない場合、初月で解約すれば費用がかからないこともあります。

メリット・物が増えない

商品を買うことで物があふれた生活になりますが、DVDやCD、家電や衣類にレンタルやサブスクを利用することでスッキリとした空間を保てます。また、電動バイクのように大きなものであれば、購入を検討しながら試すのも良いでしょう。買い物の失敗が減り、お金と収納スペースの無駄を回避します。

メリット・気軽に解約できる

サブスクはいつでも解約が出来るものが多いので、気軽な利用が可能です。生活リズムの変化でいつの間にか使用しなくなったり、好みにあわなくなってきたときなど、自分の都合に合わせることが出来ます。その時々、興味のあるものを気軽に体験出来ることが魅力です。

デメリット・利用しない期間も料金が発生

定額制の場合、利用しない期間が生じても料金を支払う必要があります。先を考えながら、使用価値があるかを見極めて契約することが重要です。

デメリット・商品が手元に残らない

音楽や動画などの場合、かたちに残らないので解約次第手元からなくなります。お気に入りのものがあっても、再度使用が出来ません。また、提供側の判断で、サービスを止めることもあります。その際も、再度手に入れることが不可能なので契約の際は注意が必要です。

電動バイクの新しい選択肢!レンタルやサブスクの利用方法

近年、電動バイクのサブスクやレンタルが注目されています。購入するまえに使用してみたいときや、たまに使用したい時に最適です。ここでは、電動バイクのサブスク利用方法を紹介します。

アプリから申し込み

さまざまな電動バイクサブスクの企業がありますが、アプリの使用が多いでしょう。原付免許が必須なので、携帯を忘れないようにします。そして、アプリに利用者登録をしたうえで、近隣の駐車場に予約が可能です。

予約当日、駐車場に電動バイクを借りに行きます。ヘルメットの着用が義務つけられているので準備が必要な場合もありますが、企業によってはヘルメットを借りることも可能です。料金は時間ごとに価格帯が決められています。

支払いはクレジットカードが多く、急な利用でも対応しやすいことが特徴です。そして、駐車場に返却をします。借りた場所と異なるエリアでも受け付けてくれるので、あらかじめ駐車場の場所を把握しておくと便利です。

長期利用も可能

企業によっては1カ月単位での貸し出しもしています。走行距離によって金額プランが変わることもあるでしょう。長期間、長距離走行を想定しているので、頻繁に乗りたいときに最適です。デリバリー業務などに使用する場合は、車両を買うよりお得になるでしょう。

サブスクができる主なレンタルバイクサービス

Shaero

会社名:Shaero
住所:〒105-6224 東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー 24F
TEL:03-6435-9578

Shearoが街中の移動手段としてサブスクで提供しているのは、電動バイクシェアリングサービスです。

■都市部では便利で最適な移動手段
都市部の移動手段として、Shearoの電動バイクシェアリングサービスは最適です。地下鉄の3〜5駅分に相当する、3〜5kmを便利に移動できます

電動バイクは、自転車と違い自力でこぐ必要がないので疲れにくく、移動がラクになります。ただし、電動バイクに乗るには、原付を運転するための免許が必要です。

Shearoの電動バイクは手軽に借りて、気軽に返せます。街のステーションで、借りるのも返すのも簡単です。

Shearoの電動バイクはエコでクリーンな移動手段です。電動なので、排気ガスや騒音が出ません。

■使う人に配慮したサービス
Shearoは使う人の衛生面に配慮しています。ヘルメットはクリーニング済みのものを利用可能です。ステーションには、次亜塩素酸水や使い捨てのインナーキャップを準備しています。

Shearoは保険に関しても安心です。万一の事故に備え、対人・対物無制限の保険や傷害保険に加入しています。

Shearoが提供するのは、安心して使える電動バイクです。電動バイク製造元である株式会社アクセスの整備士が、バイクの整備やメンテナンスを行っています。

GOOPASS

会社名:GOOPASS
住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-34-17 住友不動産原宿ビル13F
TEL:03-6804-6529

カメラやレンズなどの撮影機材をレンタルしているGOOPASS(グーパス)は、サブスクで電動バイクもレンタルしています

■電動バイクは月額定額制でレンタル可能
GOOPASSの電動バイクは、月額21,080円(税込)でレンタル可能です。初期費用はかかりません

電動バイクは、東京都江戸川区の指定された店舗で受け取る必要があります。レンタルするバイクを運転するためには、原付一種免許や普通免許など、原付を運転できる免許が必要です。運転する際の義務であるヘルメットも貸し出しできるので、ヘルメットを購入する必要はありません。

レンタルで貸し出している電動バイクは、glafitとヘルメット付きのglafit GFR-02です。小型の電動アシスト自転車と同じくらいの大きさなので、通勤・通学などでの使い勝手がよく、軽量・コンパクトなので、駐輪場を使用できます。

■Webからレンタル申込み可能
GOOPASSの電動バイクは、Webからいつでも申し込み可能です。お申し込みするには、最初に会員登録する必要があります。その際、身分証明書とクレジットカードをご用意ください。

会員登録が全て完了すれば、Web上でレンタル手続きが可能です。借りたい電動バイクや各種オプションを選択し、電動バイクを受け取る店舗を決め、指定の日時に借りることができます。

G-TENSHA

会社名:G-TENSHA
住所:〒455-0831 愛知県名古屋市港区十一屋1-10-5
TEL:090-8506-2787

G-TENSHAは、125ccに相当する電動バイクのリースをサブスクで提供しています。Webからお申込み可能です。

■初期費用は無料で利用可能
リースは4年契約で、月額リース料は4年間を通して12,980円(税込)です。初期費用はかかりません

その後、5年目以降もリースする場合の月額リース料は11,880円(税込)です。リース契約の上限は満6年までになります。

お申し込みは、Webから可能です。お申込みできるのは18歳以上で、125ccバイクを運転できる免許とご本人名義のクレジットカードをお持ちの方になります。

お申込みの際は、運転免許証の写し、住民票、バイク任意保険証書の写しなど、リース契約に関連する書類が必要です。

■サブスクでリースできるのは125cc相当の電動バイク
G-TENSHAがリースしているのは、125ccに相当する電動バイクです。運転するためには、小型限定普通二輪免許、AT限定の小型限定普通二輪免許、普通自動二輪免許、AT限定の普通二輪免許、AT限定の大型自動二輪免許、大型二輪免許のいずれかが必要になります。

電動バイクの試乗を希望する方にも対応可能です。125ccに相当する電動バイクの乗り心地を、リース契約する前に体験できます。

125cc相当の電動バイクが気になる方は、試乗の申込みをされてはいかがでしょうか。

まとめ

これからの時代、環境への配慮で電動バイクが必要とされます。マイクロモビリティレンタルは、電動バイクの魅力を実感出来る優秀なサービスです。購入を検討するときや、事業での使用など、あらゆるニーズに応えます。サブスクの気軽さは、電動バイクの普及に貢献するでしょう。将来、電動バイクを積極的に使用する時代になるかもしれません。

本記事を読み、興味を持っていただけましたら、ぜひサブスクを利用してみてください。

国内初!東京の折りたたみ電動バイク
シェアリングサービスShaero(シェアロ)

Shaero(シェアロ)

都市部では最適な移動手段

電動バイクなので疲れない

気軽に借りて気軽に返せる

エコな移動手段

【その他】小型モビリティレンタル・シェアリングサービス

小型モビリティ関連コラム

東京でおすすめの小型モビリティレンタル・シェアリングサービス比較一覧

イメージ
レンタルサービス名Shaero(シェアロ)LUUP(ループ)docomo bike share(ドコモ・バイクシェア)HELLO CYCLING(ハローサイクリング)BIRD(バード)PIPPA(ピッパ)COGICOGI(コギコギ)
特徴東京エリアをメインに展開されているShaero(シェアロ) 環境や人に優しいのが魅力コスパ抜群な電動アシスト自転車のシェアリングサービスLUUP(ループ)最短5分で登録可能で、手軽で安心に利用できる自転車シェアリングサービス複数のシェアサイクリングサービスをボーダーレスに利用できるシステムアメリカ発、世界各国で事業を展開する電動キックボードのシェアサービス用途や目的に応じて3つのプランから選べるシェアサイクルサービス国内の観光地を中心にサービスを展開するシェアサイクリングサービス
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら