電動モビリティのおすすめシェア(レンタル)サービス3選

公開日:2023/08/10 最終更新日:2023/12/26
モビリティシェア

ちょっとそこまでが便利になる、ラクになる電動モビリティ、購入するよりも気軽に使えるシェアサービスの利用がおすすめです。電動モビリティのシェア・レンタルサービスもいろいろあるので、どこを選んだらいいのか迷ってしまう人も多いかもしれません。今回はおすすめのシェア(レンタル)サービスを3つご紹介しましょう。

おすすめのシェアサービス一覧!

車体の特徴サービス名
分類
リンク
Shaero

折りたたみ電動バイク
詳しくはこちら
LUUP
電動キックボード
電動アシスト自転車
詳しくはこちら
docomo bike share
電動アシスト付き自転車
詳しくはこちら
HELLO CYCLING
自転車
詳しくはこちら
BIRD
電動キックボード
詳しくはこちら
PIPPA
自転車
詳しくはこちら
COGICOGI
電動アシスト自転車
詳しくはこちら

Shaero(シェアロ)

Shaero(シェアロ)のメイン画像

Shaero(シェアロ)の基本情報

会社名シェアード・モビリティ・ネットワークス株式会社
住所〒105-0002 東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー 24F

Shaero(シェアロ)は、東京都港区にあるシェアード・モビリティ・ネットワークス株式会社が運営する電動モビリティのシェアリングサービスです。

国内初の折りたたみ電動バイクを貸し出すシェアリングサービスで、日常生活での移動のほか観光などでも多くの人が利用しています。

アプリから予約・利用・返却が可能!

利用するまでの手続きが面倒だと、利用するのをためらってしまうかもしれません。でもShaero(シェアロ)なら大丈夫、スマホにアプリをインストールすれば会員登録できてしまうし、予約・レンタル開始・返却予約・返却までスマホのみで簡単に利用することができます。

予約はスマホアプリで貸し出し可能なバイクがある最寄りのステーションを検索、返却も同様にアプリで簡単に予約できるので便利です。

目的地付近の返却可能なステーションを検索できますから、返す場所を探してウロウロしなくても大丈夫です。

安心・安全への取り組みも万全だから安心

さまざまな人が借りるものということで、衛生管理に不安を感じることもあるでしょう。Shaero(シェアロ)ではヘルメットも貸し出ししていますが、すべてクリーニング済みのものが用意されており、直接かぶらなくてもいいように使い捨てタイプのインナーキャップもあるので安心です。

また、いざというときに頼りになる対人・対物無制限の保険に加入しているので、搭乗者がケガをした場合だけでなく第三者にケガをさせてしまったとき、そして物を壊してしまったときも補償されます。

LUUP(ループ)

LUUP(ループ)のメイン画像

LUUP(ループ)の基本情報

会社名株式会社Luup
住所〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町三丁目21番地24 AKIHABARA CENTRAL SQUARE 4階

LUUP(ループ)は電動マイクロモビリティのシェアリングサービス、街じゅうにあるポートから快適に移動できるサービスを提供しています。必要なのはスマホひとつ、LUUP(ループ)は街じゅうを駅前のように活性化し、誰もが安全に移動できる未来のインフラづくりを目指しています。

街じゅうを「駅前化」するインフラをつくっている

移動手段が限られ、移動するのに手間や時間がかかり不便を感じている人は少なくないでしょう。とくに都市部以外の地方では、過疎化が進むことで路線バスが減便や廃止となり、快適な移動が難しくなっています。

LUUP(ループ)が目指しているのは「街じゅうの駅前化」きめ細やかな移動網をポートを設置することで張り巡らせ、ちょっとそこまでの移動も便利にするインフラをつくっているのです。

街じゅうが駅前のように便利になることで、街全体の価値が上がるとLUUP(ループ)は考えています。

早く・ラクに・気持ちのよい移動ができる

早く・ラクに・気持ちのよい移動を叶えるために、LUUP(ループ)では電動キックボードと電動アシスト自転車
のシェアリングサービスを行っています。

電動で動く乗り物なので、普通の自転車のように漕ぐ労力はいりませんし、坂道もすいすい進むことができるでしょう。借りるのも簡単、自分が今いる場所に近いポートから必要なタイミングで借りることができ、返すときも都合のよい場所に返すことができます。

歩くのがしんどい距離、毎日最寄りの駅までの移動など、LUUP(ループ)を利用すれば早く・ラクに・気持ちのよい移動に変えることができるでしょう。

HELLO MOBILITY(ハローモビリティ)

HELLO MOBILITY(ハローモビリティ)のメイン画像

HELLO MOBILITY(ハローモビリティ)の基本情報

会社名OpenStreet株式会社
住所〒105-0022 東京都港区海岸 1-7-1 東京ポートシティ竹芝オフィスタワー35F

HELLO MOBILITY(ハローモビリティ)は、超小型EVやスクーターなどのモビリティを提供し、近距離から中距離をつなぐシェアサービスです。設置されたステーションからモビリティを選ぶのはスマホアプリで簡単に、移動する距離や気分に合わせた方法で移動することができます。

電動アシスト自転車や超小型EVを提供

移動距離や気分に合わせて選べるHELLO MOBILITY(ハローモビリティ)のモビリティには、電動アシスト自転車や超小型EVがあります。電動アシスト自転車は全国4000個所以上で使えるシェアサイクル、電動アシスト自転車のほかにもスポーツタイプのeバイクも貸し出し可能です。

超小型EVは、4人乗りで世界最小クラスの「FOMM」のほか、2人乗りはトヨタ「C+pod」があります

。小さく停めやすいという特徴・メリットがある、超小型EVなら一般的な自動車よりも気軽に乗ることができ、しかも地球にもやさしいです。

運転免許さえあれば利用開始まで簡単3ステップ

HELLO MOBILITY(ハローモビリティ)は簡単気軽に利用できるサービス、運転免許があればスマホを利用し3ステップで利用を開始できます。まずは会員登録、アプリをダウンロードすればOKで免許証とアカウント、決済方法を登録すれば完了です。

登録が済めばすぐにサービスを利用することができます。借りるのもアプリから、借りたいステーションを選び車種を予約し、返却は借りたステーションではなくどこでもOKなので手間いらずです。

まとめ

電動モビリティのシェアサービス、今回紹介した3つなら初めて利用する人でも安心で快適な移動ができるでしょう。自動車を利用するほどの距離ではない移動だと、歩くべきか悩むこともあるはずです。また、自転車を利用するにしてもスカートやスーツを着用しているなら、漕ぐのは厳しいかもしれません。そんなときに電動モビリティのシェアサービスはとても便利、ストレスを感じるような移動も快適に変えてくれます。メリットの多い電動モビリティ、利用するなら今回紹介した3つのサービスを検討してみてください。

国内初!東京の折りたたみ電動バイク
シェアリングサービスShaero(シェアロ)

Shaero(シェアロ)

都市部では最適な移動手段

電動バイクなので疲れない

気軽に借りて気軽に返せる

エコな移動手段

【その他】小型モビリティレンタル・シェアリングサービス

小型モビリティ関連コラム

東京でおすすめの小型モビリティレンタル・シェアリングサービス比較一覧

イメージ
レンタルサービス名Shaero(シェアロ)LUUP(ループ)docomo bike share(ドコモ・バイクシェア)HELLO CYCLING(ハローサイクリング)BIRD(バード)PIPPA(ピッパ)COGICOGI(コギコギ)
特徴東京エリアをメインに展開されているShaero(シェアロ) 環境や人に優しいのが魅力コスパ抜群な電動アシスト自転車のシェアリングサービスLUUP(ループ)最短5分で登録可能で、手軽で安心に利用できる自転車シェアリングサービス複数のシェアサイクリングサービスをボーダーレスに利用できるシステムアメリカ発、世界各国で事業を展開する電動キックボードのシェアサービス用途や目的に応じて3つのプランから選べるシェアサイクルサービス国内の観光地を中心にサービスを展開するシェアサイクリングサービス
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら