CycleTrip(サイクルトリップ)

公開日:2023/08/10 最終更新日:2023/12/26
CycleTripの画像

2018年に創業したZuttoRide Sharing株式会社が運営する個人間シェアリングサービスがCycleTrip(サイクルトリップ)です。一般的な個人間シェアリングサービスとしては宿泊場所や自動車などのサービスがありますが、CycleTripは2019年にアプリをリリースした個人間自転車シェアリングサービスです。どのような特徴があるのか紹介します。

おすすめのシェアサービス一覧!

車体の特徴サービス名
分類
リンク
Shaero

折りたたみ電動バイク
詳しくはこちら
LUUP
電動キックボード
電動アシスト自転車
詳しくはこちら
docomo bike share
電動アシスト付き自転車
詳しくはこちら
HELLO CYCLING
自転車
詳しくはこちら
BIRD
電動キックボード
詳しくはこちら
PIPPA
自転車
詳しくはこちら
COGICOGI
電動アシスト自転車
詳しくはこちら

個人間でスポーツバイクをシェアするサービス

CycleTripとは、一般ユーザーが所持するスポーツバイクを個人間でシェアできるサービスです。

ロードバイクやマウンテンバイク、クロスバイク、電動自転車バイクなど、スポーティーに楽しむ自転車のことをスポーツバイクといいますが、取り扱うアイテムとしては長距離に特化したものや軽快に走れるもの、オフロードでも楽しめるものなどいろいろあります。

通勤時の快適な足にもなり、週末のサイクリングやアウトドアでも活躍しるスポーツバイクを所持する一般ユーザーが登録したバイクをシェアすることが可能で、時間ごとや日ごと、週ごとで利用ができるサービスです。

一般ユーザーが持っているバイクをシェアするため種類も豊富なので、自身の好きな自転車を見つけて乗ることが最大の魅力といえます。日常だけでなく旅行先でも自身の好きな自転車に乗ることができるのもポイントです。

料金的には自転車によって異なりますが、たとえば週ごとで借りる場合は4.000円から3万円くらいとなります。

また、万が一に備えた保険をつけることも可能です。二輪業界ではトップクラスのZuttoRideがサポートしており、盗難補償が付いて、事故や故障に関してのロードサービスもついているので、気兼ねなく快適なスポーツバイクを体験することができます。

高価なスポーツバイクやeバイクを家の前まで届ける

店舗として秋葉原駅から徒歩4分のところにあるのが、日本最大級のスポーツバイク専門レンタルショップのCycleTrip BASE Akihabaraで、eバイクやロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイクなど、いろいろな自転車を希望の場所まで届けるレンタル宅配サービスがあります。

費用としては、CycleTrip BASEから指定した場所までの片道の配達に必要な高速代や燃料代、駐車場代などをベースにしており、東京23区内であれば、4,000円から7,500円ほどで届けることが可能です。

それ以外の場所での費用は個別に電話やメール、チャットなどで対応します。

宅配レンタルサービスはレンタル時だけではありません。逆に、レンタル時は店舗まで希望の自転車を受け取りに行き、返却時にスタッフの人に自宅や希望の場所まで受け取りに来てもらうということもできるので、自転車レンタルの幅が広がるでしょう。

レンタルして、料金支払い、返却するまでの流れ

それでは、CycleTripを利用する場合のレンタルの流れを紹介します。レンタルとしては店舗と個人間の両方で可能です。

店舗でのレンタル

まずは自分が希望する自転車を見つけて、予約ボタンを押して手続きスタートです。商品の詳細をはじめ、サイズやカラー、レンタル料金などが確認できます。名前や住所、連絡先などの基本情報をはじめ、支払方法、レンタルの貸出日時や返却日時の記載をします。

その際に、ヘルメットやリヤキャリア、スマホホルダー、ドリンクホルダーなど、備品の予約も可能です。車両サイズや車体カラーなど具体的な希望がある場合はメッセージ欄に記入すれば対応します。

予約後に受付の返信メールが届きますが、その時点ではまだ予約確定していません。スタッフが在庫を確認したうえで、予約確定のメールが届きます。返信には1日以上かかる場合があるため、前日や当日に予約する場合は、電話かチャットで在庫確認しましょう。

数日たっても予約確定の返信がない場合は、念のため確認が必要です。確定した日時にスポーツバイクをレンタルしましょう。当日必要なものは、免許証やパスポートなど、顔写真が付いている身分証明書の持参だけで問題ありません。

受け取り時に事前に申告した支払い方法で支払いすればレンタルできます。予定した返却日時まで快適な自転車の時間を楽しみましょう。万が一、予約のキャンセルが必要な場合は、利用の前々日までであればキャンセル料はかかりません。

ただし、利用当日に天候が悪い場合のみキャンセルは可能です。変更に関しても、代替車両があれば、予約受付メールに変更内容を記載して返信すれば可能です。

個人間でのレンタル

場所や日時、自転車のタイプなどから条件を絞り込んで、スポーツバイクを探します。SNSやメールアドレスなどでサービスを登録し、気に入ったバイクが見つかれば、オーナーに予約リクエストをし、オーナーがリクエストに承認すれば予約確定です。

事前登録した方法で決済し、チャットでオーナーとやり取りします。基本的にはオーナーと利用者が対面で受け渡しを行うことが基本なので、待ち合わせ場所を決めて受渡しをしましょう。返却後は互いにレビューを記入し完了です。

まとめ

個人間の自転車シェアリングサービスであるCycleTripの特徴について紹介してきました。

個人で所持しているスポーツバイクを時間ごとや日ごと、週ごとでレンタルすることができます。個人で所有しているバイクのため種類も豊富で、自身のお気に入りを見つけることができるのが魅力です。盗難補償があり、事故や故障に関してのサポートもついているので、旅行先でも気兼ねなく利用できるでしょう。店舗もあって宅配レンタルで自宅まで届けるサービスもあります。

CycleTrip(サイクルトリップ)の基本情報

会社名ZuttoRide Sharing 株式会社
住所 〒460-0012 名古屋市中区千代田二丁目6番16号(共信ビル)
電話番号052-261-6701

国内初!東京の折りたたみ電動バイク
シェアリングサービスShaero(シェアロ)

Shaero(シェアロ)

都市部では最適な移動手段

電動バイクなので疲れない

気軽に借りて気軽に返せる

エコな移動手段

【その他】小型モビリティレンタル・シェアリングサービス

小型モビリティ関連コラム

東京でおすすめの小型モビリティレンタル・シェアリングサービス比較一覧

イメージ
レンタルサービス名Shaero(シェアロ)LUUP(ループ)docomo bike share(ドコモ・バイクシェア)HELLO CYCLING(ハローサイクリング)BIRD(バード)PIPPA(ピッパ)COGICOGI(コギコギ)
特徴東京エリアをメインに展開されているShaero(シェアロ) 環境や人に優しいのが魅力コスパ抜群な電動アシスト自転車のシェアリングサービスLUUP(ループ)最短5分で登録可能で、手軽で安心に利用できる自転車シェアリングサービス複数のシェアサイクリングサービスをボーダーレスに利用できるシステムアメリカ発、世界各国で事業を展開する電動キックボードのシェアサービス用途や目的に応じて3つのプランから選べるシェアサイクルサービス国内の観光地を中心にサービスを展開するシェアサイクリングサービス
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら