ダイチャリ

公開日:2023/08/10 最終更新日:2023/12/26
ダイチャリの画像

ダイチャリは、自転車シェアサービスブランドHELLO CYCLING(ハローサイクリング)のプラットホームとして、東京・神奈川・埼玉エリアを中心に自転車シェアサービスを展開している会社です。今回は、観光や普段のお出かけなどにも気軽に利用できて便利なダイチャリについて、利用方法や料金など、詳しく紹介していきたいと思います。

おすすめのシェアサービス一覧!

車体の特徴サービス名
分類
リンク
Shaero

折りたたみ電動バイク
詳しくはこちら
LUUP
電動キックボード
電動アシスト自転車
詳しくはこちら
docomo bike share
電動アシスト付き自転車
詳しくはこちら
HELLO CYCLING
自転車
詳しくはこちら
BIRD
電動キックボード
詳しくはこちら
PIPPA
自転車
詳しくはこちら
COGICOGI
電動アシスト自転車
詳しくはこちら

国内最大級の自転車シェアサービス

ハローサイクリングとは、全国にプラットホームを持つ自転車シェアサービスの会社で、アカウント1つでどこのシェアサイクルでも利用できるという点が大きな強みです。

そのなかでも首都圏と大阪で展開しているダイチャリは、2017年のサービス開始からわずか数年で2600ヶ所以上のステーションを持ち、自転車は約1万台もの台数を保有している、国内最大級の自転車シェアサービスとなっています。

ダイチャリのサービスとは?

ダイチャリでは、スマホにアプリをインストールして無料登録するだけで、誰でも簡単に利用できます。また、HELLO CYCLINGのロゴがあればどこでも好きなステーションで自転車が借りられ、好きなステーションに返却できるというところも魅力的です。

借りたステーションに返さなくても良いというところも、とても自由度の高いサービスと言えます。そのうえ1アカウントで最大4台まで予約可能なので、友人や家族と一緒に使用することも可能です。

ステーションの多さが魅力

利用できるステーションは、各種コンビニや小教施設との提携も多く、特に都内は全域を網羅していますので、買い物やちょっとしたお出かけにも便利です。

ハローサイクリングのアプリを利用して気軽にシェア

実際にダイチャリを利用する手順を説明します。

1.専用アプリのダウンロード(PCは利用できません)

2.会員登録(無料)

3.支払方法の決定

支払方法には、クレジットカード・各種キャリア決済・Yahoo!ウォレット・PayPay残高支払いのほか、HELLO CYCLINGが発行する1日乗車券(HELLOカード)と電子マネー(HELLOマイル)があります。

4.自転車の予約

利用30分前から予約可能となっていますので、アプリでステーションを探して予約しましょう。予約時間後30分を過ぎると予約キャンセルとなりますのでご注意ください。

5.自転車の利用

予約したステーションで、アプリに表示されるコードにて開錠するか、あらかじめ登録しておいたICカードで開錠すれば、利用開始です。

6.返却

返却したいステーションを探して返却予約をしておきます。(30分間有効)ステーションに着いたら駐輪ラックに自転車を停めて、手動で後輪を施錠し返却操作を行います。

8.返却完了

返却完了のメールを確認すれば返却完了です。

ダイチャリを利用するときの注意点

ダイチャリを利用する際は以下の点に気を付けてください。

・バッテリー残量の確認

利用中にバッテリーの充電をすることになると、利用時間が伸びてしまいます。また自転車を乗り換える場合は、2台利用として計算されます。利用する前には、必ずバッテリー残量をチェックしておきましょう。

・返却希望のステーションの空きを確認

ステーションに空きがなければ返却ができませんので、あらかじめ空き状況をチェックしておいてください。

・時間に余裕を持つ

特に土地勘のないところでの利用は、ステーションを探さなければならない場合があります。予約をしていたのに時間がかかり過ぎるとキャンセルされてしまうので、時間に余裕を持った行動をしましょう。

・返却完了メールの確認

自転車をステーションに返却しても、返却処理をしなければ返却したことになりません。施錠と返却手続きの後は、必ず返却メールの確認をしてください。

シンプルでリーズナブルな料金設定

ダイチャリの料金システムはとてもシンプルでわかりやすくなっています。

登録料・年会費は無料

利用前の登録は無料でできるうえ、年会費なども一切ありません。自転車を利用した時間に応じた料金が発生するシステムです。ですので、ダイチャリは、とりあえず登録しておこうと思っている方にもおすすめです。

利用料金

利用料金はエリアにより異なりますが、東京・神奈川・埼玉エリア(一部を除く)では以下のようになっています。

・利用開始30分まで 130円

・30分以降15分ごとに 100円

・12時間まで  1,800円

利用して30分以内に返却すれば130円のみ、50分で返却すれば230円となり、12時間で最大1,800円です。12時間を過ぎるとまた15分ごとに100円の加算となっていきます。

ダイチャリで利用できる自転車

ダイチャリでは、ヤマハ電動アシスト自転車がよく使用されています。大きな前かごがついていて、女性でも乗りやすい自転車です。スポーツタイプの自転車、e-bike KUROAD(クロード)の予約も可能です。

ダイチャリのおすすめ利用方法

手軽に自転車がシェアできるダイチャリは、どなたにとっても便利なサービスですが、特におすすめの利用方法は、通勤の一部の移動手段です。電車やバスの乗り換えは、待ち時間を合わせると案外時間がかかります。

特に朝の通勤ラッシュは人の多さだけでストレスになるものです。ステーションの場所によっては、移動の一部をダイチャリの利用に変更した方が安くて早く到着できるかもしれません。観光地での利用もおすすめです。車の渋滞や駐車場所に迷うこともなく、気持ちよく観光地めぐりができます。

まとめ

今回は、ダイチャリを紹介しました。気軽に乗れる電動アシスト自転車のシェアサービスは、SDGsの観点からも注目されています。ダイチャリは、どこでも気軽に移動できる電動アシスト自転車を私たちの暮らしのなかに定着させてくれました。

これからもどんどん利用しやすく、便利なサービスが展開されることでしょう。これからもさまざまな進化を見込めるダイチャリに注目すべきでしょう。あなたもぜひ一度、ダイチャリの快適さを実感してみてください。

ダイチャリの基本情報

会社名シナネンモビリティ+株式会社
住所〒108-6306 東京都港区三田三丁目5-27 三田ツインビル西館6階
電話番号03-6478-7906

国内初!東京の折りたたみ電動バイク
シェアリングサービスShaero(シェアロ)

Shaero(シェアロ)

都市部では最適な移動手段

電動バイクなので疲れない

気軽に借りて気軽に返せる

エコな移動手段

【その他】小型モビリティレンタル・シェアリングサービス

小型モビリティ関連コラム

東京でおすすめの小型モビリティレンタル・シェアリングサービス比較一覧

イメージ
レンタルサービス名Shaero(シェアロ)LUUP(ループ)docomo bike share(ドコモ・バイクシェア)HELLO CYCLING(ハローサイクリング)BIRD(バード)PIPPA(ピッパ)COGICOGI(コギコギ)
特徴東京エリアをメインに展開されているShaero(シェアロ) 環境や人に優しいのが魅力コスパ抜群な電動アシスト自転車のシェアリングサービスLUUP(ループ)最短5分で登録可能で、手軽で安心に利用できる自転車シェアリングサービス複数のシェアサイクリングサービスをボーダーレスに利用できるシステムアメリカ発、世界各国で事業を展開する電動キックボードのシェアサービス用途や目的に応じて3つのプランから選べるシェアサイクルサービス国内の観光地を中心にサービスを展開するシェアサイクリングサービス
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら