HELLO MOBILITY(ハローモビリティ)

公開日:2023/08/10 最終更新日:2023/12/26
HELLO MOBILITYの画像

HELLO MOBILITYは、小型モビリティのシェアリングサービスを行う会社です。アプリで簡単に小型モビリティを予約して利用し、各地に設置された専用ステーションに返却できます。短時間から気軽に利用できるため、最寄駅から遠い目的地に行く場合や「今日は別の方法で行きたい」など、気分に合わせて楽しめることが特徴です。

おすすめのシェアサービス一覧!

車体の特徴サービス名
分類
リンク
Shaero

折りたたみ電動バイク
詳しくはこちら
LUUP
電動キックボード
電動アシスト自転車
詳しくはこちら
docomo bike share
電動アシスト付き自転車
詳しくはこちら
HELLO CYCLING
自転車
詳しくはこちら
BIRD
電動キックボード
詳しくはこちら
PIPPA
自転車
詳しくはこちら
COGICOGI
電動アシスト自転車
詳しくはこちら

小型モビリティのシェアリングサービス

HELLO MOBILITYでシェアできる小型モビリティには、超小型EV・スクーター・電動アシスト自転車があります。そのほかにも立ち乗りのモビリティやシニアカー・電動車いすなども検討されているため、購入する前に一度試してみたい方にもおすすめです。

超小型EV

世界最小クラス4人乗りの超小型EVと、2人乗りの超小型EVが利用可能です。小さくて駐車しやすいため、狭い道路でも楽に走行できます。

スクーター

屋根付きの3輪スクーターです。大容量もボックスも装備されているため、荷物が多くてもしっかり積載できます。通勤・通学・街乗り・観光・ギグワークなど、さまざまな目的で利用できます。

電動アシスト自転車

HELLO CYCLINGの電動アシスト自転車は、全国4,000か所以上で利用可能です。電動アシスト自転車はもちろん、スポーツタイプのeバイクも利用できます。

アプリで簡単!小型モビリティを予約・利用する方法

HELLO MOBILITYは、アプリで簡単に予約・利用できる点が大きな魅力です。運転資格を持っていれば、だれでも簡単に利用できます。

ステップ1:会員登録

アプリをダウンロードし、会員登録しましょう。このとき登録するのは、アカウント・免許証・決済方法です。なお、HELLO CYCLINGアカウントを持っている方は、会員登録なしで利用できます。

ステップ2:予約して借りる

会員登録できたらアプリで借りたい場所(ステーション)を選び、乗りたい車種を予約します。アプリ起動時に地図にステーションと小型EV・スクーターのアイコンが表示されているため、すぐに近くのステーションを見つけられます。

ステーションをタップして借りたい車種を決めたら、利用プランを選んで予約しましょう。車種によって航続可能距離は異なるため、不安な方は航続距離の長いものがおすすめです。なお、予約は利用直前に可能です。前日から予約はできないため注意してください。もし予約から60分を超えた場合は、児童キャンセルになります。

ステップ3:返却する

利用を終えたら、HELLO MOBILITYのロゴがあるステーションに返却します。返却するステーションは、借りた場所でなくてもOKです。ただし、ステーションがいっぱいで止められないこともあるため、アプリから返却ステーションの予約をしましょう。

ステーションについたらカギとヘルメットをボックスにしまい、プラグを必ず差し込みます。そしてアプリのレンタル情報から「車両を返却する」を選択し、車両の確認が終了したら返却完了です。

小型モビリティを操縦する際の注意点

簡単に予約・利用できるHELLO MOBILITYですが、小型モビリティに慣れていない方は操縦に不安があるかもしれません。そこで、小型モビリティを操縦する際の注意点をいくつか解説します。

走行できる道路

4人乗りの軽自動車の場合は高速道路を走行できますが、2人乗りの超小型モビリティの場合は、最高速度60km/hを超える道路を走行できません。

つまり、制限速度70km/hの自動車専用道路や、高速道路は走れないということです。もちろん、スクーターや電動自転車も自動車専用道路や高速道路を走行できません。

交通ルールの順守

小型モビリティのシェアサービスを始めて利用する方の中には、道路での走行に不慣れな方もいます。そのためうっかり標識を見落としてしまったり、走行時間が決められている道路に侵入してしまうこともあるでしょう。違反を切られてしまわないよう、しっかりと交通ルールを順守してください。

航続可能距離の把握

ガソリン車と比べると、小型EVの航続可能距離はかなり少ないです。そのため、目的地にたどり着けるかどうかも考慮して、車種を選ぶ必要があります。なお、超小型EVのトヨタ「FOMM ONE」の航続可能距離は、満充電で160kmです。

エアコンの利用などで電力を使うと、その分航続距離が短くなります。そのため往復で160kmと考えず、往復100km以内で考えて走行するとバッテリー切れを起こさず走れるでしょう。

まとめ

小型モビリティのシェアリングサービスを展開するHELLO MOBILITYの特徴を説明しました。HELLO MOBILITYはさまざまな種類の小型モビリティを、アプリで簡単に予約・利用できることが大きな特徴です。予約から返却まで、アプリを使って簡単にできます。会場と施錠にもアプリを使用するため、スマホのバッテリーが切れないよう注意しながら利用しましょう。

また、小型モビリティの航続可能距離にも注意してください。走行する道路の状況やエアコンの使用により、航続可能距離が変わります。問題なく利用したいのであれば、航続可能距離が長い車種を選択するとよいでしょう。

HELLO MOBILITY(ハローモビリティ)の基本情報

会社名Open Street株式会社
住所105-0022 東京都港区海岸一丁目7番1号 東京ポートシティ竹芝オフィスタワー35階

国内初!東京の折りたたみ電動バイク
シェアリングサービスShaero(シェアロ)

Shaero(シェアロ)

都市部では最適な移動手段

電動バイクなので疲れない

気軽に借りて気軽に返せる

エコな移動手段

【その他】小型モビリティレンタル・シェアリングサービス

小型モビリティ関連コラム

東京でおすすめの小型モビリティレンタル・シェアリングサービス比較一覧

イメージ
レンタルサービス名Shaero(シェアロ)LUUP(ループ)docomo bike share(ドコモ・バイクシェア)HELLO CYCLING(ハローサイクリング)BIRD(バード)PIPPA(ピッパ)COGICOGI(コギコギ)
特徴東京エリアをメインに展開されているShaero(シェアロ) 環境や人に優しいのが魅力コスパ抜群な電動アシスト自転車のシェアリングサービスLUUP(ループ)最短5分で登録可能で、手軽で安心に利用できる自転車シェアリングサービス複数のシェアサイクリングサービスをボーダーレスに利用できるシステムアメリカ発、世界各国で事業を展開する電動キックボードのシェアサービス用途や目的に応じて3つのプランから選べるシェアサイクルサービス国内の観光地を中心にサービスを展開するシェアサイクリングサービス
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら