movicle(モビクル)

公開日:2023/08/10 最終更新日:2023/12/26
movicle(モビクル) の画像

movicle(モビクル)は、株式会社Curious Edgeが運営している電動キックボードシェアサービスです。電動キックボードは、ヨーロッパやアジアの一部では、交通渋滞や大気汚染緩和対策として注目され、日本でも本格的な普及実験が行われました。電動キックボードをシェアできるmovicleについて紹介します。

おすすめのシェアサービス一覧!

車体の特徴サービス名
分類
リンク
Shaero

折りたたみ電動バイク
詳しくはこちら
LUUP
電動キックボード
電動アシスト自転車
詳しくはこちら
docomo bike share
電動アシスト付き自転車
詳しくはこちら
HELLO CYCLING
自転車
詳しくはこちら
BIRD
電動キックボード
詳しくはこちら
PIPPA
自転車
詳しくはこちら
COGICOGI
電動アシスト自転車
詳しくはこちら

公道走行OK!電動キックボードのシェアサービス

電動キックボードとは、モーターを搭載して自走するキックボードのことです。これまでの道路交通法では、原付バイクや自動車と同じ扱いで運転免許が必要でしたが、令和5年(2023)7月1日からは、一定の基準を満たす電動キックボードは「特定小型電動機付自転車」とされ、16歳以上なら免許なしで乗ることができるようになりました。

行動も走行できるので気軽な足として利用者の増加が期待されています。そんな流れの中で注目されているのがmovicleの電動キックボードシェアサービスです。

安心で使いやすいmovicle

movicleは、駅から目的までの距離がちょっと遠い、または短い時間にいろいろなところも回りたい時などに、いつでも気軽に利用できます。最高時速は35km/hまで出ますので、安定して30km/hで走行することができます。

また、可愛いカゴがついていて、ちょっとした荷物やカバンなら入れることができます。

もしもの時にも安心の補償制度

電動キックボードに乗るときは、安全運転が大前提ですが、万一の時にも安心な補償制度もあります。

おしゃれで乗りやすいmovicle

一般の電動キックボードに比べて、ウインカーやクラクションがカスタマイズされたmovicleは、おしゃれなだけでなく、手の小さな女性でも使いやすいようにこだわっています。スマートさと実用を兼ね備え、上り坂も楽々移動ができるmovicleなら、お出かけがもっと楽しくなりそうです。

スマホひとつあればいつでもお得に利用できる

movicleを利用するには、スマホ1台だけでOKです。movicleの使い方を説明しましょう。

事前登録

初めてmovicleを利用する際の事前登録手順は次の通りです。

1.アプリのダウンロード

2.初回登録

3.メール認証ののち本登録

4.住所、氏名、クレジットカード情報、運転免許証情報の登録

5.ベーシックプランかプレミアムプランかを選択

この後、免許情報が承認されたという連絡があれば、それで終了です。運転免許証の確認には少し時間がかかりますので、利用を予定している日より前に登録することをおすすめします。

movicleの料金プラン

movicleの料金プランは、事前に登録したプラン(ベーシックプランとプレミアムプラン)によって異なります。それぞれの料金体系は次の通りです。

・ベーシックプラン(月額無料)
スタンダートプラン…初乗り10分250円、それ以降は10分ごとに200円の加算
1時間プラン…利用時間が1時間未満なら1,000円、それ以降は10分ごとに200円の加算

・プレミアムプラン(月額500円)
スタンダードプラン…初乗り10分170円、それ以降は10分ごとに130円の加算
1時間プラン…利用時間が1時間未満なら750円、それ以降は10分ごとに130円の加算
1日乗り放題プラン…当日23時59分までなら何度でも利用可能で3,500円、それ以降は10分ごとに130円の加算

電動キックボードを運転する条件と利用方法

movicleは、気軽に楽しく利用できるサービスですが、どなたでも利用できるわけではありません。また、利用するにあたってはいくつかの注意点があります。

movicleを利用する際の注意点

movicleの電動キックボードシェアサービスは、日本国内の原動機付自転車の運転免許が必要です。また、利用にあたってはヘルメットを着用が必須となっており、自転車専用レーンを走ることはできません。その他、交通ルールは必ず守り、安全走行を心がけてください。

movicleの利用方法

実際にmovicleを利用するときには、アプリを起動することから始めます。

1.movicleアプリを起動して利用可能な電動キックボードがあるポートを探します

2.movicleアプリの「スィーっとライドを楽しむ」を押して、電動キックボードの画面にあるQRコードを読み込んでください

3.利用プランの選択をします

4.前かごに入っているヘルメットをかぶります

5.右ハンドルの電源を長押しすれば、電動キックボードが起動します

6.右ハンドルのMODEボタンを2回押して「3」高速モードにします。「1」は20km/hしか出せない低速モードです

7.右ハンドルのアクセルと握って走行開始です

8.ハンドルの両側のブレーキを握って停車します

始めはバランスがとりにくくて不安定という利用者の声がありますが、少し練習すればすぐに慣れて楽しく乗れます。不安な方は安全な場所で数分間練習してみると良いでしょう。

返却方法

電動キックボードの返却は、どのポートでも可能です。

  1. ヘルメットのケーブルと本体をつなぎます
  2. movicleアプリで「ライドストップ」ボタンをタップします
  3. 返却場所を選択して「ここに停めました」をタップします
  4. 金額の確認画面が表示されたら「お支払いを確定する」をタップして、返却手続きが完了です

まとめ

電動キックボードは、短距離や渋滞回避の手段として、ちょっとしたお出かけにも便利な乗り物として、高い関心を持たれています。しかしまだ自分で購入するには不安がある方も多いことでしょう。

また、電動キックボードの乗り心地や乗りやすさについても疑問を持っている方もいます。movicleのシェアサービスなら、電動キックボードの楽しさや便利さなどを試すこともできます。

この機会に、毎日の移動手段として、また試乗を兼ねて、ぜひ一度movicleの電動キックボードシェアサービスを利用してみてください。

movicle(モビクル)の基本情報

会社名株式会社Curious Edge(キュリオス エッジ)
住所〒101-0047 東京都千代田区内神田2-11-6 5F
電話番号03-3525-8686

国内初!東京の折りたたみ電動バイク
シェアリングサービスShaero(シェアロ)

Shaero(シェアロ)

都市部では最適な移動手段

電動バイクなので疲れない

気軽に借りて気軽に返せる

エコな移動手段

【その他】小型モビリティレンタル・シェアリングサービス

小型モビリティ関連コラム

東京でおすすめの小型モビリティレンタル・シェアリングサービス比較一覧

イメージ
レンタルサービス名Shaero(シェアロ)LUUP(ループ)docomo bike share(ドコモ・バイクシェア)HELLO CYCLING(ハローサイクリング)BIRD(バード)PIPPA(ピッパ)COGICOGI(コギコギ)
特徴東京エリアをメインに展開されているShaero(シェアロ) 環境や人に優しいのが魅力コスパ抜群な電動アシスト自転車のシェアリングサービスLUUP(ループ)最短5分で登録可能で、手軽で安心に利用できる自転車シェアリングサービス複数のシェアサイクリングサービスをボーダーレスに利用できるシステムアメリカ発、世界各国で事業を展開する電動キックボードのシェアサービス用途や目的に応じて3つのプランから選べるシェアサイクルサービス国内の観光地を中心にサービスを展開するシェアサイクリングサービス
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら