LUUP(ループ)の口コミ評判や利用方法

公開日:2023/07/31 最終更新日:2023/12/21

LUUP(ループ)の口コミ評判や利用方法

LUUP(ループ)の口コミ評判や利用方法

都市部の移動が快適に!新しいインフラを目指す!

おすすめポイント

ポイント1 東京や大阪など都市部に展開
ポイント2 電動キックボードで服装を選ばない
ポイント3 利用・お支払いもアプリ一括

基本情報

タイプ 電動キックボード、電動アシスト自転車
対応エリア 都市部(東京・大阪・横浜・京都・神戸・名古屋)
料金 基本料金50円 
 1分あたり15円(税込)
支払い方法 クレジットカード

アプリダウンロード

LUUP(ループ)は、電動キックボードと電動アシスト自転車のシェアリングサービスとして支持されています。

現在は、東京・大阪・横浜・京都・神戸・名古屋などで展開しており、今後もエリア拡大を目指しています。通勤や通学、レジャーなど多彩なシーンで活躍できるのが特徴です。

今回は、そんなLUUP(ループ)の特徴や魅力を解説します。

LUUP(ループ)の口コミ・評判

通勤での利用!最高です!(Taropepe)

通勤で利用しています。駅から15分ほどかかる関係で駅まで自転車通勤をしていたのですが、駅前の駐輪場は大体満車なので困っていました。バスを利用しようにも定刻通り動くものでもないのですし、徒歩で行くのも真夏なんかは大変です。 そんなときLuupのシェアサイクルの存在を知って利用を開始しました。シェアサイクルだと駐輪場に困ることはほとんどありません。料金も結構割安で、バスよりも圧倒的に安いですし、何よりバスみたいに「遅れ」という概念がないのはありがたいです。 初期登録は非常にシンプルで利用までの流れもかなりスムーズです。初期登録でクレジットカードを登録するので、機体の設置してるQRをカメラで読み込んで目的地だけ決めるだけで利用開始できるので、ほとんど時間はかかりません。 定期利用の駐輪場もありますが、最近はコロナで出勤回数も制限されているので、そこにお金を払うならLuupの方がお得だとも感じています。あと、以前までは普通の自転車を利用していたので、電動アシスト自転車の快適さには感動しました(笑)坂道も難なく進めるので、仕事前に通勤で疲れてしまうことはありません!もっと早く知りたかったですが、とにかく助かっています。

運営者コメント

LUUPは、自分の都合に合わせて便利に利用することができるのですね。始めるまでの手間もかからないので、急いでいる方におすすめできるでしょう。 電動キックボードと電動アシスト自転車を選べるため、自分の状況に合わせて利用してみてくださいね。専用アプリで支払いを簡単に済ませられるのも嬉しいところです。

快適!乗り心地もGood!(11man1234576890)

自宅から15分くらいの場所にある美容院に行く時に利用しています。タクシーを使うほどの距離でもないので徒歩で通い続けていましたが…Luupを使い始めてから一気に長年の悩みが解決しました!正直美容院の行き帰りは億劫だったので、私にとってはかなりありがたいサービスです。 肝心の使いやすさですが、アプリの使いやすさも乗り心地も最高です!シェアサイクルの利用は初めてでしたが、アプリがわかりやすく、簡単に使えました。カメラで自転車にあるQRを読み取って、目的地付近のポートを選択するだけでさっそく利用開始できます! 電動自転車を使うのも初めてだったので、どんな感じかと思ったら、ペダルを一漕ぎしたらすぐにアシストがかかり、ほとんど力要らずでした!そのため、言うまでもなく乗り心地は最高です。 電動ってこんなに楽なの!?と購入も考えましたが、電動自転車って意外と高いので、利用頻度が低い私みたいな人にとってはLuupのシェアサイクルで十分です。 ハンドリングもスムーズで、自転車も小柄で狭い路地や人混みでもスイスイ快適に走行できます。美容院や駅までの移動など、使い道はたくさんあるので今後も使っていきます!!

運営者コメント

LUUPは、徒歩では少し遠く、車では近いといった距離を移動したいときに最適ですね。電動アシスト付きの自転車なので、疲れやすい方も利用しやすいと思いますよ。 専用アプリでは、ポートの検索や目的地までの地図表示などを行うことができます。街中にはポートが多く、返却時にも困らずに済むのではないでしょうか。

LUUP(ループ)の特徴①自分の好きなタイミングで借りられる

LUUP(ループ)の画像2LUUP(ループ)は、電動キックボードと電動アシスト自転車のシェアリングサービスとして注目を集めています。

LUUP(ループ)のポートは街中に広がりを見せていて、駅前や繁華街、住宅街、コンビニなど、近くにあるところから自分の好きなタイミングで借りられます。返却に関しても、好きな場所へ返せるのが特徴です。

毎日最寄り駅までの移動をはじめ「歩くには少し遠い」と思う場所や、なるべく避けたい坂道をのぼることも「早く・楽に」に変えられるのが魅力です。利用や支払いはアプリで簡単に行えて、面倒な手続きなど必要ありません。

現在は、東京・大阪・横浜・京都・神戸・名古屋といったエリアでサービスを展開しており、エリア拡大していけるよう努めています。

LUUP(ループ)の特徴②サドルの高さ調整も自在

LUUP(ループ)の画像3サドルの高さが自分に合っていないと、安全な運転ができません。LUUP(ループ)は、サドルの高さ調整を自在に行ったり、スマートフォンをスマホホルダーにセットしたりするなど、自分好みにできるのが嬉しいポイントです。

LUUP(ループ)の特徴③電動キックボードと電動アシスト自転車を用いたシェアリングサービス

LUUP(ループ)の画像4LUUP(ループ)では、電動・小型・一人乗りのマイクロモビリティを包括的に取り揃えているのも特筆すべき点です。

現在展開されているのは、電動キックボードと電動アシスト自転車を用いたシェアリングサービスですが、今後は高齢者向けの四輪モビリティといったさまざまな車両を導入する予定です。幅広い年齢層の方の利便性を考えている点が魅力だと言えます。

自分で漕がずに乗れる電動キックボード

Luupは、2017年から世界で普及が進んでいる電動マイクロモビリティとして知られています。自分で漕がずに乗れるため、スカートやスーツなど、服装を選ばずに気軽に利用できるのがメリットです。

疲れをためずに乗れる電動アシスト自転車

Luupが開発した電動アシスト自転車は、日本でも最小クラスに分類されていることで知られています。少し漕ぐだけで快適に進めるパワーを備えていて、疲れをためずに乗れるのが魅力です。

LUUP(ループ)の特徴④日常のさまざまなシーンで活躍する

LUUP(ループ)の画像5LUUP(ループ)は、日常のさまざまなシーンにあわせて電動キックボードか電動アシスト自転車を選べます。

観光地巡りやレジャーでも活躍する

電動キックボードならどこでも自在に動けるため、自然豊かな観光地をゆっくり巡れるでしょう。

最高速度が20kmであり、バイクや車よりもゆっくり走行するので、友だちや家族のレジャーシーンでも活躍するはずです。

通勤通学の際の移動も手軽に行える

毎日徒歩や自転車での移動は、疲れがたまっているときには億劫に感じられるものです。LUUP(ループ)なら、通勤や通学の際に最寄り駅までの移動も手軽に行えます。

歩くのには少し遠いと感じられる場所や坂道でも早く楽に移動できるため、時間を有効活用しやすくなります。街のさまざまな場所にポートがあり、公式サイトのマップで探せるので「ポートがない」と困ることもありません

LUUP(ループ)の特徴⑤安心して利用できるようアップデートを重ねている

LUUP(ループ)の画像6いつでも安心して利用できるように随時、車両とサービスの改善を重ねていることも特徴です。電動キックボードは足場の厚みやタイヤの大きさを見直して、何度もアップデートを重ねてきました。電動アシスト自転車は、ハンドル周りやアシスト比率など工夫されており、小型ながらも高い走行安定性を誇ります

LUUP(ループ)の特徴⑥不具合のある車両の整備と点検を優先的に行う

LUUP(ループ)の画像7ホワイトを基調としたカラーリングとなっていて、高い視認性を保っているため、夜間でも安心して利用しやすいです。ユーザーからのフィードバックを確認しながら、不具合のある車両を回収して優先的に整備と点検を行っているのもポイントです。

LUUP(ループ)の特徴⑦走行禁止エリアに入った際に通知する仕組みを採用

LUUP(ループ)の画像8GPSなどに基づいたジオフェンシングを応用し、走行禁止エリアや危険な場所に入った際に通知される仕組みを取り入れています。安全を確保するのはもちろん、一部の走行を制限するような取り組みについても検証しているのです。

LUUP(ループ)は、人々の安心・安全を守るため最新テクノロジーの研究と開発をし続けている点も見逃せないポイントです。

LUUP(ループ)の特徴⑧コスパがよい

LUUP(ループ)の画像9LUUP(ループ)は、ライド基本料金 50円・時間料金 は1分ごとに15円とリーズナブルな料金で利用できます。

例えば、5分利用する場合、ライド基本料金は50円・時間料金が75円(15円/1分×5分)となり、ライド基本料金と時間料金あわせて125円で利用可能です。

車の場合、ガソリン代や駐車料金などが発生し、コストがかかりやすいです。短時間乗るだけなら、LUUP(ループ)は電車や車よりもお得だと言えるでしょう。

支払いはライド完了時に、登録されたクレジットカードでの手続きとなるため、手軽に使えます。

LUUP(ループ)のご利用方法

アカウントの作成

アプリをダウンロードしたら、アカウントを作成します。氏名、クレジットカード、運転免許証などの情報を入力します。

その際、12問の交通ルールテストを受けて合格すれば利用できます。

ポートの探索

アプリのマップからポートを探して、近くにある利用可能なキックボードやスクーターを探します。地図上にキックボードとスクーターのアイコンが表示され、利用可能な状態が一目で分かります。

機体の予約

利用したいキックボードやスクーターを選んだら、アプリ内で予約ができます。予約時間内に機体にアクセスすることで、確実に利用できます。

ただし、予約時間から10分経過すると自動でキャンセルされます。

機体のロック解除

ポートに到着したら、アプリを起動して機体についているQRコードを読み取ります。これにより、機体の操作が可能になります。

乗車と返却

機体の返却場所を設定したら、利用規約に同意して利用開始です。目的地のポートは後からでも変更できます。

目的地のポートに到着したら、アプリを起動させてライド終了のボタンを押します。返却したことを証明するために、機体の駐車写真を撮影して終了です。

支払い

ライドが終了したら、アプリに登録したクレジットカードに自動で請求されます。

まずはアプリに登録してみよう!

電動アシスト自転車のシェアリングサービスLUUP(ループ)は、東京・大阪・横浜・京都・神戸・名古屋などのエリアで展開されています。

駅前や繁華街、住宅街、コンビニなど、さまざまな場所にあるポートから自分の使いたいタイミングで自由に利用できるのが魅力です。徒歩だと疲れてしまいそうな距離のときなどに手軽に使えるため、通勤や通学などのシーンでも活躍するでしょう。

最高速度20kmで小回りが利くため、レジャーはもちろん、観光地巡りにも活用できます。常にユーザー目線で考えられており、安心して利用できるようアップデートを重ねている点も見逃せないポイント。サドルの高さ調整も自在に行えるのも魅力です。

電動アシスト自転車やキックボードに興味のある方は、アプリをインストールして気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

【FAQ】よくある質問

  • ヘルメットは着用しますか?
  • LUUPの電動キックボードは特定小型原動機付自転車の扱いとなり、ヘルメットの着用は努力義務となります。
    転倒などの際のリスクや事故の被害を軽減するため、ヘルメットの着用を推奨しています。
  • 〇〇は走れますか?
  • ご利用エリアはLUUPアプリのマップ画面からお確かめください。
    ご利用エリア外での走行は禁止しております。
    手押しゾーンはライド中に表示される電動キックボードのライド中に表示される赤枠で囲われた箇所です。このゾーン内では電動キックボードを走行せず、歩道に移動してから手で押して移動してください。
    ご利用エリアにおいては、原則として車道を走行してください。
    車道に加えてLUUPの電動キックボードは次のルートの走行が可能です。

    ・自転車専用通行帯(自転車レーン)
    ・自転車道

    なお、自転車歩行者道は歩道であり、原則 走行できませんのでご了承ください。
    また、公園内などの私有地ではそのルールに従ってください。

  • 交通違反にはどんな種類がありますか?
  • LUUPの電動キックボードは「特定小型原動機付自転車」に分類されます。道路交通法違反は警察の取り締まりの対象となり、罰則がございますので、絶対におやめください。

    ・駐車違反
    ・酒酔い運転(アルコールの影響によって正常な運転ができない可能性がある状態で運転する行為)
    ・酒気帯び運転(呼気1リッター中0.15mg以上のアルコールが体内にある状態で運転する行為)
    ・歩道走行
    ・携帯電話使用等違反

    などの違反があります。

  • 乗り方・降り方を知りたい
  • LUUPの公式サイトに画像付きで詳しい説明の記載がありますので参考にしてください。

国内初!東京の折りたたみ電動バイク
シェアリングサービスShaero(シェアロ)

Shaero(シェアロ)

都市部では最適な移動手段

電動バイクなので疲れない

気軽に借りて気軽に返せる

エコな移動手段

【その他】小型モビリティレンタル・シェアリングサービス

小型モビリティ関連コラム

東京でおすすめの小型モビリティレンタル・シェアリングサービス比較一覧

イメージ
レンタルサービス名Shaero(シェアロ)LUUP(ループ)docomo bike share(ドコモ・バイクシェア)HELLO CYCLING(ハローサイクリング)BIRD(バード)PIPPA(ピッパ)COGICOGI(コギコギ)
特徴東京エリアをメインに展開されているShaero(シェアロ) 環境や人に優しいのが魅力コスパ抜群な電動アシスト自転車のシェアリングサービスLUUP(ループ)最短5分で登録可能で、手軽で安心に利用できる自転車シェアリングサービス複数のシェアサイクリングサービスをボーダーレスに利用できるシステムアメリカ発、世界各国で事業を展開する電動キックボードのシェアサービス用途や目的に応じて3つのプランから選べるシェアサイクルサービス国内の観光地を中心にサービスを展開するシェアサイクリングサービス
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら